『王様のブランチ』“一般人の出演”に呆れ声「これ放送事故だろw」

(C)Rawpixel.com / Shutterstock

4月18日放送の『王様のブランチ』(TBS系)がリモートワークを活用し〝視聴者の番組出演〟という画期的な企画を行った。

周知の通り、現在のテレビ業界はコロナウイルス感染防止を講じながら放送を行っている苦境の真っただ中。出演者同士が距離を取るソーシャルディスタンスや、自宅や別室からの中継によるリモート出演を盛んに取り入れている。

「ブランチ」もこの対策を講じており、ここ最近は出演者が中継出演するリモートワークを実施中。画面にはそれぞれの出演者が映ったワイプが並べられ、状況に応じて個別に切り替えられていく。さらに、この日は新たな試みとして〝視聴者のリモート出演〟も行われることに。タレントたちのワイプが並ぶ中に交ざり、「視聴者ゲスト」としてさまざまな一般人が登場した。

視聴者ゲストは、タレントたちとやり取りしたりコメントをしたりと、本物のゲストのように番組に参加。中には緊張した様子の人もいたが、それぞれの個性が見え隠れした企画となった。

 

テレビとしてのプライドを持ってほしい?

スタジオに来ずとも出演できるという、リモートならではの特性を生かした視聴者参加型のこの試み。視聴者の出演も最近のテレビでは珍しい光景だったが、ネット上には、

《一般人をリモート出演って、何のさらしだこれww》
《リモートで一般人出演させてるの意味不明》
《間延びして、つまらないだけだし…誰得?》
《出る方慣れてないから結構な放送事故やんこれ》
《スタッフさん一般人をリモートで出すのすぐにやめよう》
《何か一般人配信と境がなくなってきたような》
《素人を同じフィールドに立たせるって、プロのプライドはないのか。これじゃ動画配信と一緒》

などといった批判的な声も。斬新さを称える意見もある一方で、賛否両論が渦巻く形となった。

「スタッフとしては、コロナ禍により番組制作そのものが立ち行かなくなりつつある中で、何とか目新しさを演出したかったんでしょうね。確かに、場慣れしていない一般人の参加はテンポの悪さを目立たせてしまいますが、リモート出演ならではの強みを生かせた勇気ある試みだったと思います。TBS自体、昔は『しあわせ家族計画』や『クイズ!100人に聞きました』など、クイズ番組を中心に視聴者参加型番組が多かった。しかし、一般ユーザーの動画配信が盛んになった現代では、『テレビが一般レベルに落ちた』などとの印象を与えてしまったようですね」(テレビ雑誌編集者)

一般人にとってテレビ出演が夢の世界だったのは90年代までの話。価値観が変わった現代では〝視聴者のテレビ出演〟は凋落の象徴になってしまったのかもしれない。

 

【画像】

Rawpixel.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】