フジ女子アナの“ガチ不仲”映像コワ過ぎ…「放送しちゃダメでしょ」

久慈暁子 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月18日放送のフジテレビ系特番『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』に出演したキー局フジの同期アナウンサー、久慈暁子アナと海老原優香アナが、あまりに不仲そうな様子を視聴者に見せつけ、「ガチ過ぎてヤバい」「これ放送していいの?」などと驚きが寄せられた。

同番組は明石家さんま司会の下、フジテレビ系列アナウンサーの仕事ぶりやプライベートの素顔を大公開。話題が2人の不仲に及ぶと、さんまも「ウワサだけは届いてるぞ!」と興味を示す。久慈アナ・海老原アナともに不仲を否定するものの、周囲からは「(隣なのに)一切目が合ってない」「女が目を合わさないのはガチでヤバいですよ」との指摘が。他の同期アナも「2人がそろうと変な緊張感に包まれる」と明かし、ここで「研修がある」と呼び出した会議室での隠し撮り映像が流れていく。

久慈アナがドアを開けると海老原アナが座っており、2人は会議室で2人きりに。すると海老原アナは固まって久慈アナは目が泳ぎ、あいさつを交わさないまま「トイレ行ってくる」と久慈アナが部屋を後にする。その後も、言葉を交わさないまま研修の開始を待つ2人。また、2人は隣同士の席だったが、久慈アナは隙を見て椅子を離し、距離を保っていった。

 

ガチ過ぎる不仲に視聴者騒然

さらに、隣の海老原アナではなく、わざわざ遠くにいるアナウンサーにペンを借りる久慈アナ。「互いのいいところを書く」という研修課題が出されたときも、2人はペンが止まって長所を書けずにいた。

VTR明けのさんまは「これバラエティーで流れていい映像じゃない!」と絶句するも、久慈アナは「(海老原が)ペンを1本しか持ってなかったから借りなかっただけ」「(いいところを書けなかったのは)単純にいいところを書くのもアレかなと思って、いろいろ考えてしまって」と不仲を否定。ここで、先輩の三田友梨佳アナが「職場で2人が会うことは少ないんです」と助け船を出すも、さんまから「ほんなら久々に会ったら『久しぶりー』とかあるやろ!」とツッコまれてフォローに失敗してしまった。

スタジオ騒然の不仲ぶりだったが、視聴者も、

《さんまたちにもそんなウワサが耳に入ってるってヤバいレベル》
《他の女子アナの反応がリアルw》
《マジで仲悪いな、一切話さない》
《ガチで駄目なやつじゃん》
《過去に2人に「なにか」があったのは間違いないな》
《やらせじゃできねえよこの自然な行動w》
《これ放送しちゃダメだろww》

などと、驚きをあらわにした。

ニュースを読む爽やかな見掛けによらず、ウラではかなりドロドロとしているようだ。

 

【あわせて読みたい】