楽しんご“愛車レクサス”1000万円売却で大炎上「ボッタくり過ぎ!」

楽しんご

(C)まいじつ

お笑い芸人で整体師の楽しんごが4月20日、自身のインスタグラムを更新。《しんごちゃん愛車のレクサス売ります! ハイブリッドで超低燃費!!! 4万キロしか走ってません。普段全然乗らないので売ることにしました いっぱいかわいがってくれる人に買ってほしいなあ》《し!か!も! 今なら大人気! しんごちゃんの出張マッサージ1年分付いてきます!!(1カ月1回)》などと呼び掛けた。

しかし、売却価格が〝1000万円〟だったことから非難が殺到。大炎上騒ぎに発展している。

「楽しんごのレクサスは〝IS300h〟というグレードで、新車価格は600万円ほど。しかし、しんごの愛車はサンルーフや安全装備などのオプションが省かれた〝吊るし〟の個体で、現在の中古市場価格はせいぜい250万円くらいでしょう。これを1000万円で売るというのですから、図々しいにも程があります。1年、12回分の出張マッサージが付いていると言いますが、車両価格を引いて計算すると、1回の施術は何と62万5000円になります。しんごが所有していたという〝付加価値〟はゼロですし、相変わらずの守銭奴ぶりを見せていますね」(芸能記者)

 

しかも“イワク付き”の車だった…!

ネット上では、

《何で4万キロも走った中古が、新車より高くなってるんだよ! こいつどんだけもうけようとしてるんだ?》
《正直、楽しんごの熱烈なファンだとしても購入はためらうと思う。でも熱烈なファンなんていないか》
《守銭奴過ぎて本当に気持ち悪い!!》
《いくら何でもボッタくり過ぎでしょ!》
《別にいくらで売ろうと本人の勝手とはいえ、さすがに常識外れだね。自分にそれだけの価値があると思ってるのかな?》

などの非難が飛び交っている。

「このレスサスは2018年1月31日に納車されましたが、翌年5月には『レクサスもうい、ら、な、い』と、たった1年ちょっとで飽きてしまったことを本人が明かしています。さらにこのときにも、《僕のマッサージ出張1年間付きを付けて1千万で僕の愛車買いたい方いますか? 良く考えてみて。めちゃくちゃお得!》とツイートし、大ヒンシュクを買っています。当時ですら誰も見向きもしなかったのに、いまだに同じ価格で売却しようとしているのですから、かなりの厚かましさですね」(前出の芸能記者)

楽しんごのレクサスは昨年7月25日にナンバープレートが盗難され、その際に当て逃げされたという〝イワク付き〟の車両。さすがに手を挙げる人はいないと思うが…。

 

【あわせて読みたい】