岡江久美子がコロナの犠牲に…「甘く見てたかも」ショックの声が殺到

岡江久美子 

(C)まいじつ 

女優の岡江久美子さんが4月23日、都内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことを所属事務所が発表した。63歳だった。

岡江さんは今月3日に発熱し、自宅で療養していたが、その後、6日になって様態が急変。都内の大学病院に緊急入院していた。

「入院後はICUで人工呼吸器を装着していたようです。年齢も63歳とまだまだ若かったのですが、昨年末に初期の乳がんの手術を受けていたことや、今年1月から2月にかけて放射線治療を行っていたことから、免疫力が低下していたようです。現在、夫で俳優の大和田獏と娘で女優の大和田美帆は、それぞれ外出を自粛し自宅待機しているようで、症状は出ていないそうです」(芸能記者)

ネット上では突然の訃報に驚きと悲しみの声が殺到している。

《え、岡江久美子ってまだ若いよね? これがコロナの怖いところだな。マジでビビった》
《正直、志村けんさんのときよりショックだわ。健康そうに見えていただけに今でも信じられない》
《何かコロナを甘く見ていたかもしれない。いまだに不要不急の外出をしまくるやつらはどう思うのだろうか…》
《感染経路も気になるな。今後も芸能界からコロナの感染で亡くなってしまう人が出てくるかもしれないね》
《昔、よくはなまるマーケット見てただけに、ショックが大きい。落ち込むわ…》

 

夫・大和田獏がコメント

岡江さんは1975年に女優デビュー。78年にはNHKの『連想ゲーム』のレギュラーを務め、一気に全国区の顔になった。83年に同番組の白組レギュラー回答者だった大和田獏と結婚し、長女の美帆をもうけた。

大和田獏と美帆が報道各社に宛てたコメントは以下の通り。

《岡江久美子が4月23日午前5時20分に新型コロナによる肺炎の為、永眠いたしました事をご報告いたします。 今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。どうかそっと送って頂きたいと願っています。 仕事関係者の方々、ファンの皆様、ご友人の皆様、長いお付き合いを感謝致します。 また、全力を尽くして治療にあたって頂いた医療関係者の皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。 皆様、コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけください。 大和田獏 大和田美帆》

なお、通夜および葬儀は未定で、後日「お別れの会」を実施する予定だという。合掌。

 

【あわせて読みたい】