上原さくら“腹タトゥー”に衝撃の声…「どんだけ自分が好きなの?」

上原さくら 

(C)まいじつ

タレント・上原さくらの夫が4月22日にブログを更新。上原の妊娠を報告するとともに、上原のマタニティーフォトを公開した。祝福の声に包まれる中、ネット上では上原の〝腹タトゥー〟に衝撃が走っているようだ。

上原は22日、自身のブログにて妊娠していること、また安定期に入ったことを報告。空腹時に即食べられるようにと、家の随所に塩おにぎりを置いて「食べづわり」を抑えた結果、17キロも体重が増加したことなどをつづっている。

一方、昨年12月に上原と結婚した一般男性の夫が運営するブログも、同日に更新された。大きなおなかに手を添え、カメラに向かって微笑む上原のマタニティー姿を公開。コメントでは、《今の私は愛する妻に似ているであろうかわいい赤ちゃんを抱っこする瞬間に向けて、全力で彼女を支える》などと〝新米パパ〟らしい決意をつづっている。

「上原といえば、今回の結婚が4回目。1回目は2003年にアパレルメーカー社長と結婚し、子どもを授かったものの流産してしまい、09年に離婚しています。そんなつらい経験をしているからこそ、今回、妊娠の報告をするのは勇気が必要だったようです」(芸能ライター)

このご時世に、突如舞い込んだ明るいニュース。世間は祝福ムード一色と言ったところだが…。

 

“Sakura”のタトゥーがダサい!?

「上原のマタニティーフォトに写っていたタトゥーに注目が集まっています。その場所は左の鼠径部あたりで、文字は『Sakura』。文字の周りには、一輪の桜の花と3枚の花弁のイラストが施されるなど、シンプルかつキュートなデザインになっていますね」(同・ライター)

しかしながら、某匿名掲示板では、

《あれ? 刺青入ってんの? あららーー》
《おめでとうございますだが タトゥーがダサい》
《脇腹に自分の名前のタトゥー!?》
《自分の名前を体に刻むなんて、どんだけ自分が好きなんだ?》
《え、これフォト用にしたペイントじゃなくてタトゥーなの!?》

などと、驚く声が続出。タトゥーの存在に〝ドン引き〟する声は根強いようだ。

タトゥーだけに飽き足らず、〝デジタルタトゥー〟までもしっかり残してしまうとは…。いつか、本人たちが後悔しないことを祈りたいものだ。

 

【あわせて読みたい】