近藤春菜ナゾの好感度ダダ下がり…嫌われ原因は『スッキリ』での態度!?

近藤春菜

(C)まいじつ

お笑い芸人としての実力は申し分ない上、〝幅広い交友関係〟を見せつけたり、〝ワイドショーのMC〟としても活躍する万能タレントの『ハリセンボン』近藤春菜。好感度も抜群に高いと思いきや、意外なほどアンチが多いようだ。

アンチの多さが露呈したのは、コロナ禍での行動について。4月7日付の『日刊ゲンダイ』の記事、《危機感が足りないのか…芸能人は新型コロナ蔓延でも遊びまわっていた》で、春菜と『ピース』又吉直樹が新型コロナ蔓延の中、外で飲んでいたことが指摘されたのだが、それぞれの日付を見ると、春菜は3月上旬で又吉は3月30日。

又吉は外出自粛要請が出た後なのでたたかれて当然だが、春菜は要請前なので仕方ない面もある。しかしこの記事が配信されると、又吉ではなく春菜が集中砲火を食らっていた。

「好感度の高い春菜だけに、擁護の声が上がるかと思ったのですが、世間の反応はまるで逆でした。今まで〝スキ〟をうかがっていた大勢のアンチが、ここぞとばかりに声を上げたという印象です」(芸能記者)

しかし今までも、春菜にアンチが多い兆候は見られていたようで…。

 

「偽善者過ぎる」「正義感がキモイ」

「具体的には、女優の吉高由里子や水川あさみと〝仲が良い〟と公言しただけで『人脈自慢』だとたたかれるところ。芸能人の不倫に〝外野が騒ぐべきではない〟と持論を述べただけで、『偽善者過ぎる』『正義感がキモイ』などとたたかれるところですね。春菜は〝普通の行動〟を取っただけでも、なぜか賛否両論が飛んでしまうほどアンチが大騒ぎするのです」(同・記者)

春菜の好感度が下がった原因は、サブMCを務めているワイドショー番組『スッキリ』(日本テレビ系)だと思われる。最近では、世間に外出自粛やリモートワークを呼び掛けただけで、ネット上に、

《働く人を減らせと言うならスッキリのハリセンボン春菜って、この時期にスタジオにまで必要か? 有識者だけで良くないか?》
《スタジオは水卜アナと加藤さんだけで良いのでは? 少なくとも春菜さんはいなくても問題ない》
《最近スッキリに出演してる春菜が嫌い それ以外の番組は面白いし良いんだけどこのときだけは嫌》

などと批判の声が飛び交う始末だ。

好感度を再び戻すには、『スッキリ』降板は不可欠なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】