SMAP解散の影響でNHKが「脱ジャニーズ路線」に方向転換

「NHKの籾井勝人会長が定例会見で2度も『SMAPの出場をお願いしたい』と要請したことで、紅白歌合戦での最重要事項になったのです。スタッフは連日にわたって渋谷にあるジャニーズ事務所に日参していました」(芸能事務所関係者)

しかし、ジャニーズ事務所からは色よい返事がないままだという。

「三顧の礼をもってSMAPを出場させてくれるようあれだけジャニーズ事務所に懇願していたのに、一体何様のつもりなのか。こちらの情報では、藤島ジュリー景子、メリー喜多川親子がSMAP出場を容認しなかったという。中居正広、稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の花道を飾ってやろうとは、これっぽっちも考えてはいないらしい」(NHK関係者)

NHKは会長以下、面子を丸潰れにされたことになる。しかし、同局内では、ジャニーズ事務所に対して妙な一体感が出てきたというから面白い。

「脱ジャニーズ事務所は、まさにNHKの良識派が常々感じ入っていたことでした。一介の芸能事務所に過ぎないジャニーズ事務所に、番組制作やキャスティングがふり回される姿勢には、皆が疑問を持っていました。特に、報道部やドキュメンタリー番組部門からは、ジャニーズ事務所を必要以上に持ち上げないようにする姿勢に、称賛の声が挙がっているのです」(NHK幹部)