三浦瑠麗“経済回せ”発言に反発の声「コメンテーターの口出しこそ不要」

(C)pathdoc / Shutterstock 

連日のように取り上げられている新型コロナウイルス感染拡大のニュース。さまざまなコメンテーターが口角泡を飛ばし、独自の論法をぶち上げているが、その発言が問題視されているのが国際経済学者の三浦瑠麗氏だ。

三浦氏は4月22日、自身のツイッターを更新。《ロックダウンと強い自粛の長期継続は大恐慌を作り出す。それによる格差の拡大は弱者を直撃し、数多のひとの命と将来が失われることになる。それを防ぎたければ、高齢者と持病持ちの方々の健康に配慮した行動制限とともに医療体制を拡充し、はやく経済を回しはじめなければならないということです》とツイート。政府がGW中の活動自粛を求める中、その方針を否定するかのごとく訴えた。

「新型コロナウイルス関連では公衆衛生学者の岡田晴恵氏が圧倒的な露出度で、一躍お茶の間の顔となっています。しかし最近では、三浦氏の露出も目立つように。三浦氏の発言の特徴は、とにかく経済第一主義。過去には《責任を持って経済の見通しを示してくれないと、私たちがどんなにうまく自粛したり、休校措置に対する対応を頑張っても経済が死んだら終わり》、《経済VS命ではなく、命VS命。コロナで死ぬ命と、経済で死ぬ命は等価なんです》などと発言し、物議を醸しています。経済が停滞することに強い危機感があることは理解できますが、あまりにも極端な発言を繰り返すので、ネット上では疑問を呈する人が続出しています」(ネットメディア編集者)

 

「気楽に口だけ動かして金を稼いでるだけ」

三浦氏の発言に納得いかない人たちからは、

《人が死んでも経済回せとかおかしいだろ》
《警笛を鳴らされるのはよく分かります。皆も同じように思っているのです。でもバブルがはじけるのが分かっていても止められなかったように、簡単ではないのですよ》
《実態は究極のバランスを取らなくてはいけない状況。政治判断が求められる。今は利権やらでゴチャゴチャしてる場合じゃない! 訳の分からんコメンテーターの口出しこそ不要でしょう》
《もっともらしい顔で当たり前のことしか言わない。政治家のような責任もなく、経営者のような責任もない。気楽に口だけ動かして金を稼いでるだけ》

など、批判的な声が殺到している。

「三浦氏は〝美人コメンテーター〟としてテレビ番組に引っ張りだこになっていますが、〝とんでも発言〟が多いことでも知られています。昨年6月には『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演し、『結婚して子どもが生まれると、家は4階建てにした方がいい』と力説。視聴者から『そんな豪邸に住めるのはごく一部の人だけだろ!』と猛バッシングを受けました。コロナ関連で出演が増えているのも、局がそんな三浦氏のキャラクターに期待して視聴率稼ぎに利用しているとしか思えませんね」(テレビ雑誌ライター)

新型コロナウイルスの感染者と死者は、日々増え続けている。多くの国民は不景気も恐れているが、それよりも目の前のウイルスに怯えているのだ。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】