閲覧注意! きゃりーぱみゅぱみゅ“コスプレ姿”がキモチ悪い…

きゃりーぱみゅぱみゅ 

(C)まいじつ

歌手・きゃりーぱみゅぱみゅが4月24日、自身のインスタグラムを更新。新曲の衣装としてスキンヘッド姿を公開したのだが、ネット上では「蓮コラやんけ」「きもちわるい…」などと嫌悪する声が続出している。

きゃりーは、24日に新曲『かまいたち』を発表。同楽曲は、音楽プロデューサー・中田ヤスタカ氏による書き下ろしで、ファンタジー感あふれるメロディーに淡い恋心を表現した歌詞となっている。同日に公開されたMV(ミュージックビデオ)は、「西遊記」の孫悟空と三蔵法師の二役に扮したきゃりーが、互いの小指に結び付けられた赤い糸をたどって相手に会いに行くという冒険要素のあるもの。きゃりーらしい世界観でありながら、途中、お笑いコンビ『かまいたち』の2人も出演するなど、遊びゴコロある仕上がりとなっている。

そんな中、きゃりーは自身のSNSで、《三蔵法師のつるつるてゃんです 特殊メイクって楽しいな~》というコメントとともに、メークルームにて三蔵法師の特殊メークを施している様子を収めたムービーを公開。衝撃的なスキンヘッド姿で、おでこや頬骨のあたりにはパールのような〝白いつぶつぶ〟が大量にくっ付いている。

 

キモかわいいを表現していた!?

どんなときでもファンタジーさとかわいさを共存させる、きゃりーらしいデザインといえそうだが、ネット上ではこの〝つぶつぶ感〟に反応してしまった人が多くいたようで、

《蓮コラやんけ》
《ぎゃー! 水疱瘡かよ!》
《天然痘…》
《うわぁ…きもちわるい…》
《閲覧注意じゃん プツプツが気持ち悪い》

などと悲鳴が殺到。集合体恐怖症(トライポフォビア)に関連した症状を引き起こしてしまっているようだ。

クールジャパン代表サブカルアーティストとして、時には〝キモさ〟をもコンテンツにしてしまうのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】