『ダウンタウンなう』宮迫博之“全カット”の笑撃!「オモシロ過ぎる」

宮迫博之 

(C)まいじつ 

4月24日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、お笑いタレントの山口智充が出演。以前に宮迫博之と組んでいたユニット『くず』の話題で盛り上がる一幕があったものの、流された当時のVTRに宮迫の姿が映し出されることはなかった。

2004年に「くず」の3rdシングル『全てが僕の力になる!』でオリコン1位を獲得した山口。作曲は山口が担当したことで、印税もウハウハだったことを赤裸々に明かす。そこで宮迫の話をしようとしたところ、『ダウンタウン』松本人志から「宮迫は今一人でくず」という言葉が。これに乗った山口が「まあホンマのくずなりましたけど」と返すと、隣に座る浜田雅功から頭をたたかれていた。

〝ホンマのくず〟と評されてしまった宮迫だが、ここで彼が過去に巻き起こした〝くず逸話〟も明かされてしまうことに。山口は、宮迫が「俺も曲作る」と意気込んだエピソードが忘れられないのだと語り始めた。

基本的に「くず」の作詞作曲をすべて担当していた山口。宮迫に比べて多くの印税が入るが、そのことに気が付いた宮迫は「ぐっさん、俺、曲作るわ」とのたまったそう。もちろん作曲などしたことがない宮迫は、くしゃくしゃのレポート用紙に一行だけ書いて山口に渡し、「あと、よろしく」と丸投げ。さらに「ぐっさんこれ作っても一応俺の歌にしてな」と厚かましい要求をしてきたという。思わず松本もしみじみと「それがサコさんなんです」と漏らし、山口も「設定じゃなくて(本物の)くずやった」と振り返るのだった。

 

「宮迫ってホントにくずだったんだろうな」

ここまで散々、宮迫の逸話で盛り上がりを見せていたものの、オンエアされた「くず」のVTRには一度も宮迫が登場していない。そのため視聴者の間でさまざまな反響が飛び交っており、ネット上には、

《宮迫全カットされてて草》
《やっぱりまだまだ地上波進出は厳しいかぁ~》
《山口と松本の反応見るに、宮迫ってホントにくずだったんだろうな》
《宮迫ディス面白過ぎるだろ》

などといった声が相次いでいた。

「闇営業問題から名実ともに〝くず〟の烙印を押されてしまった宮迫。山口の話から分かるように、昔から相当お金には汚かったようです。そんな宮迫を番組でディスりつつ、自然と笑いにつなげた山口はさすがの手腕。残念ながらVTRにすら出させてもらえなかった宮迫ですが、今後〝やらかし芸人〟として地上波進出も十分あり得る話でしょう。たとえ〝ディス〟だったとしても、バラエティーで名前が出るのは宮迫的には〝おいしい〟のかもしれません」(芸能ライター)

くずエピソードを明かされた宮迫だが、まだ本格的な地上波復活は難しいのだろう。時間がたてばたつほど復帰は難しくなりそうだが、果たして見込みは立っているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】