浜崎あゆみ『M 愛すべき』やりたい放題の第2話「アユ本人に失礼だろwww」

M 愛すべき人がいて 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月25日、シンガーソングライターの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の第2話が放送された。ますます拍車が掛かる〝クソドラマ化〟に、ネット上では「浜崎あゆみ本人はブチギレてもいいw」などと話題になっているようだ。

同作は、歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた話題の小説『M 愛すべき人がいて』の実写ドラマ。激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉)とマサ(三浦)、2人の愛や葛藤を描く物語を、脚本家・鈴木おさむ氏が手掛けている。

「第1話から、ワザとかと思うほどの安斉の棒過ぎる演技と、クサイ台詞&演出のオンパレードですっかり〝ネタ〟と認定された同ドラマ。第2話ではさらにやりたい放題となっていました」(テレビ雑誌ライター)

第2話は、マサの指示を受けてアユが3カ月間ニューヨークでレッスン。鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)にバケツの水をぶっかけられるといった古典的な展開が続いた。

しかし、何やかんやでアユは猛烈に成長。帰国後にガールズグループのメンバー候補たちが集う合宿に参加すると、修行の成果をしっかり発揮していく。だがこの中で、アユを疎ましく思う他の女子たちから〝足を引っかけられて転ばされる〟〝靴に画びょうを入れられる〟〝石鹸まみれでツルツルに滑る浴場に連れていかれて転倒〟などといった古典イジメのフルコースを受けてしまう。それでもアユは「ワタシ、負ケナイ… 負ケナイ」と耐えるのだった。

 

「アユ、走リマス!」もはや昭和の”スポ根”

そして合宿最終日、最後の試験として〝オモリを背負ってのマラソン〟が言い渡される。アユはその前日、浴場で転倒して肩を脱臼していたが「アユ、ヤリマス」と決死の覚悟で挑戦。だが案の定、脱臼のハンデで最後尾を走るだけで精一杯に。さらに雨まで降ってコンディションも最悪になったところで、崖の上からマサが登場。「俺を信じろ!アユ!走れ!」と大声で鼓舞すると、アユは「アユ、走リマス!」と全力疾走で1位になるのだった。

もはや昭和の〝スポ根〟と化した第2話と、その熱い展開と全く合わないアユの淡々とした棒演技。第1話同様に視聴者の爆笑をかっさらったが、ここまで自分の半生が〝ネタ〟にされてしまった浜崎に対しては、

《これ本人怒らないの? って思った》
《この先、浜崎あゆみ本人からドラマに対してクレーム入ってるというニュースが出てきたとしても視聴者の感想は「でしょうね」になっちまうぞwwww》
《本物の浜崎あゆみ本人が全然ドラマについてコメントしてないんだけど大丈夫なの? 訴えられない?》
《マジで、浜崎あゆみ本人に失礼 こんな時期にストレス溜めさせんなよ》
《このドラマめちゃくちゃおもしろいwww 浜崎あゆみブチギレ案件なくらいツッコミどころが多いwww》

などといった声が上がっている。

浜崎はこのドラマに関して一切触れていないが…。器の大きさに感服せずにはいられない!

 

【あわせて読みたい】