工藤静香“野菜くず”のスープに騒然…「わが家の三角コーナー」

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

芸能界随一の〝独創的な料理人〟と称されている歌手の工藤静香が4月20日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。「べジブロス」と呼ばれる、野菜の〝くず〟を煮込んだ出汁を作る様子をアップしたのだが、ネット上ではその見た目に驚愕する声が上がっている。

「普段から、たびたびインスタでオリジナル料理を紹介してきた工藤。外出自粛要請が発令されてからは、自身の〝メインファン層〟である主婦に向け、惜しげもなく貴重なレシピを続々と公開してくれています」(芸能ライター)

20日にストーリーで、鍋で野菜を煮ている際の写真をアップ。《玉ねぎの皮がたまったので、切れ端野菜で1時間出汁を取ります》とコメントし、普通なら捨ててしまうような野菜の皮や根っこ、端っこなどを煮て出汁を作り出したようだ。これは、「べジブロス」と呼ばれるもので、由来は「Vegetable(野菜)」と「Broth(出汁)」の造語。料理の腕前もさることながら、こうしたフードロス削減の意識も素晴らしく高いようだ。

 

実は旦那ニオわせでもあった?

「同投稿の4日前である16日に、夫の木村拓哉が大量の玉ねぎを調理している様子を中国版ツイッター『Weibo』(ウェイボー)にアップしています。おそらく、工藤はこれらの皮を使用しているのでしょうが、ストーリーのコメントで『玉ねぎの皮がたまったので』と〝溜めている〟ことを示唆したために、一部ネットユーザーからは《いつも生ゴミが溜まってるキッチン。やばそう》《タマネギの皮はGの大好物。それを溜め込んでるならキッチンにたくさんGいそう》などと心配する声が上がっています」(同・ライター)

しかしながら、最も注目が集まったのは、まさに煮ている最中の鍋の中身を写した1枚。玉ねぎの皮の独特な〝テラテラ感〟や、少々黒ずんでるいるように見える葉物の根っこなどに対し、ネット上では、

《わが家の三角コーナーの中にしか見えない》
《生ゴミ汁》
《これ生ゴミの出汁とも言うよね? 想像しただけで気持ち悪い》
《今の時期、玉ねぎの皮にもコロナついてそうで怖いよ》
《信じられない。生ゴミ料理じゃん》
《野菜くずや皮はよく洗ったり安全性を気を付けないと、農薬を煮詰めたものを摂取することになってかえって体に悪そう》

などと、マジでドン引きする声が多く上がっている。

とはいえ、、捨てるような切れ端を使用したら、調理最中の見た目が悪くなるのは当たり前。工藤の〝フードロス削減〟の意識を見習ってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】