水卜麻美アナ『スッキリ』送別会“人選”にドン引き…「性格悪過ぎる」

水卜麻美 

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

4月28日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、メインMCの加藤浩次が仲間外れにされていることが発覚した。

きっかけとなったのは、英国留学前に同番組の海外エンタメコーナーMCを務めていたウエンツ瑛士の発言だ。ウエンツは帰国に伴って7日の放送でコーナー復帰を果たしたが、代役を務めていたマンスリーMCが好評だったということもあり、歴代のマンスリーMCに〝筋を通す〟行脚を実施中。この日は1月のマンスリーMCだった『マキシマムザホルモン』のナヲとダイスケはんのもとへ行き、どちらが早く泣けるかを競うことになった。

対決中、早く泣くために感動エピソードを語り始めたウエンツは、「(留学前の)最後にみんなでやった送別会、加藤さんだけ呼ばなくてごめん」と暴露。ナヲが「ウソでしょ?」と驚くと、続けて「加藤さんに内緒で(ウエンツ出演コーナーが放送される)火曜メンバーで何回か集まってた」と懺悔していく。

ワイプの水卜麻美アナウンサーは「それ言っちゃダメ…」とつぶやき、VTR明けの加藤は泣きながら笑うコメンテーターのロバート・キャンベルを見て「泣くほど後悔するんだったら誘ってもらっていいですか?」と指摘。しかし、キャンベルは「心に(申し訳なさが)ずっと残ってたんですよ。だからウエンツくん、それ言うんじゃないよ!」と矛先を変え、リモート出演のウエンツはさらに「主催者は僕じゃなくてミトちゃんなんで。ミトちゃんが誰を呼ぶかを…」と責任転嫁を続ける。

 

メインMCを仲間外れにする不義理さが発覚

暴露された水卜アナは「それ言わない約束でしょ…」とたじろぎ、『ハリセンボン』近藤春菜は聞こえないフリでごまかしてノーコメント。さらに、天の声『南海キャンディーズ』山里亮太は「呼ばない前提で話進めてるし」と発言し、全く知らされていない加藤は寂しげな様子を浮かべてしまった。水卜アナいわく、加藤は基本的に誘っても来ないので声を掛けなかったとのこと。しかし加藤は「俺だって気が変わって行くかもしれないじゃん!」と誘われていないことにショックを表し、一番泣きたいのは自分だと自虐して場を収めた。

一連のやり取りを見た視聴者は、加藤が仲間外れにされている事実に同情したよう。また、出演番組の長を呼ばないという不義理さも批判を招き、ネット上には、

《みんな笑いまくってたけど嫌だな。面白くない。何かウエンツと水卜アナと春菜のイメージ落ちた》
《いい大人が普通にイジメじゃない?》
《スッキリメンバーの見方が変わって、何か悲しくなった》
《誘わない理由はいろいろあったとしても本人の前で言ってしまうことが100%ダメ》
《ウエンツくんは上にかわいがられてるから調子に乗ってるのかな?》
《ウエンツって本気で最低な野郎だな。マジで胸クソ悪い》
《水卜麻美が性格悪過ぎてドン引きしてしまった》

などといった感想が相次いでいった。

寝耳に水だった加藤としては、ショックなことこの上なかっただろう。引き金を引いたウエンツも、人格を疑問視されて然るべきなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】