『とくダネ』古市憲寿の“詰問”に非難「朝から不快」「責め方エグい」

古市憲寿

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月29日放送の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に、岡山県の伊原木隆太知事がリモート生出演。番組内で繰り広げられた社会学者・古市憲寿氏とのやり取りが、ネット上で物議を醸している。

伊原木知事は24日に開かれた会見で、新型コロナウイルス対策として県外ナンバーの車に任意で検温する方針を発表。その際に発した「岡山県に来たことを後悔してもらえれば」という発言が大きな話題になった。しかし「職員に検温の現場で危害を加える」といった脅迫電話が50件もかかってきたそう。この事態に28日、伊原木知事は検温の計画の中止を発表していた。

番組にリモート出演した知事は、今回の件について「私の不徳の至りでありまして、申し訳ないと思っております」と謝罪する。そしてスタジオの古市氏は、検温予定場所が1カ所だったことに対し、「県境はたくさんあると思うんですけど、1カ所ということはパフォーマンス的な意味が強かったっていうことなんですか?」と質問。知事は「その効果を見て、広げることができるかと考えておりましたけど、確かにそういう一面はございます」と答えた。

さらに古市氏からは「いろいろな電話があってやめたということですけど、脅迫に屈したって形に見えてしまうんですけど、こういう前例を作ってしまうと今後、知事が何かやろうとしたことに『脅迫電話があったらやめる』っていう前例になってしまう気もするんですけど」という指摘も。

これに知事は「絶対に屈してはいけない場面もあると思います。今回の場合は、そもそも命を守るためのことですので、それによって逆のことが起きるのはよくないと考えました」などと回答。現在は予定を前倒しして、岡山空港や岡山駅で自粛をお願いするチラシを配っているそうだ。

 

岡山県民からも怒りの声が……!

この2人の一連のやり取りに、視聴者からは、

《揚げ足取りしかしない古市さんにガッカリ。岡山県民より》
《何で古市は岡山県知事を責めるような論調なの? 悪いのは脅迫してきた人間だろ》
《何か行動を起こさないと行けない側の人間と評論する側の人間の違い。古市さんの発言だけ聞くと、岡山県民の私としては怒りを覚えます》
《揚げ足取りばかりの古市は朝から不快になるからいなくていいよ》
《古市、県知事を責めるような言い方ほんとやめて》
《責め方エグいわ。あの話し方というかイントネーションというか、悪いイジメっ子って感じする。気分悪くなった》

などと、古市氏に嫌悪感を示す人の声が多く上がった。しかし一方で、

《古市氏が、岡山県知事に聞きづらいけど気になることをズバッと聞いてて頭の良さを感じた》
《古市の言葉は非情に聞こえるかもしれないが、誠実な岡山県知事の見事な返答を含め引き出すことを目的とするならGJと言わざるを得ない》

などといった称賛の声も上がっている状況だ。

ズバズバとモノを言うキャラで人気の古市氏。自ら嫌われ役を買って出て、聞きにくいことを聞く役に徹したのかもしれないが、賛否を呼ぶ結果になってしまったようだ。

 

【あわせて読みたい】