熊田曜子、夏川純、根本はるみ… 2000年代グラドルの現在は?

熊田曜子 

(C)まいじつ

2010年代、『AKB48』の二匹目のドジョウを狙うかのように、アイドル界にはグループが雨後のたけのこのごとく粗製濫造されていった。しかし、その一世代前である00年代は、歌うアイドルよりもグラビアアイドルが栄華を極めた時代だった。

当時のグラドルブームの先頭に立っていたのは、小池栄子、MEGUMI、根本はるみらを擁した『イエローキャブ』。しかし、根本は結婚を機に、グラドルブームの終焉と時同じくするように芸能界から引退した。事務所は異なるが、当時のグラドルブームで人気を博したのが安田美沙子。現在もブログやSNSを連日更新しているが、3月にはギャラを巡って前事務所とモメていることが報じられた。

そんな安田と同じ事務所だったのが、これもブームの中心だった熊田曜子と夏川純。しかし夏川は2017年に所属事務所のホームページから名前が消え、ブログも同年9月を最後に更新が途絶えている引退状態だ。一方の熊田は、結婚・出産を経た現在でもグラビアアイドルとして活動中。いまだ衰えぬプロポーションを維持しており、何と来る5月20日には最新DVDのリリースも控えている。3児の母となった今でもグラビアという仕事に誇りを持ち、プロの「グラドル」としての活動を貫き通す姿勢は称賛に値するだろう。

 

結婚→引退がグラドルの定番コース?

Iカップのダイナマイトボディーでブーム後半に登場したのが相澤仁美。一時は地上波レギュラーや炭酸飲料CMに起用されるなど人気を博したが、彼女も10年代から露出が減少していく。グラドルらしい活動も09年ごろから減っており、18年の『週刊プレイボーイ』で〝復活グラビア〟披露した翌年にはブログで結婚を発表。そのブログも今年1月を最後に更新がストップしており、結婚に伴う引退状態になっているようだ。

「イワマユ」の愛称とやんちゃな雰囲気でブレークした岩佐真悠子は、同事務所の同い年・木下優樹菜との〝キャラかぶり〟で徐々に埋没。以降はタレントから女優に脱皮して実績を積んだが、現在は細々とした活動になっている。SNSは月数回ペースで更新しており、今年は『ミスマガジン』時代からの盟友である西田美歩とYouTubeデビュー。本格的な海釣りを行う〝釣りユーチュバー〟としても活動中だ。

2020年代に突入して5カ月ほどだが、現在のアイドル業界はコロナウイルスの影響により、ライブというビジネスモデル自体が存続の危機に立たされている。一方、グラビアアイドルは画像や動画の配信でも活動が成り立つため、これを機に〝再評価〟の流れを見せるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】