長井秀和、にしおかすみこ…“消えたエンタ芸人”は今も絶好調だった!?

にしおかすみこ 

(C)まいじつ 

事務所の垣根をも越えた〝くくり〟で、現在のお笑い界を席巻している『霜降り明星』『EXIT』『宮下草薙』といった〝第7世代〟芸人たち。翻って2000年代には『エンタの神様』(日本テレビ系)出身芸人がくくられ、「エンタ芸人」なるバブルに乗っただけの芸人が山のように生まれは消えていった。

2003年開始の「エンタ」初期を支えたのは、今でもテレビ界で活躍するはなわ、『ドランクドラゴン』、『アンジャッシュ』や、すっかり見掛けなくなってしまった長井秀和、だいたひかる、パペットマペットといった面々。しかし、消えたといわれる「パペマペ」は12万弱のツイッターフォロワーを誇り、自身のYouTubeチャンネルではゲーム実況配信を行っている。最近では「牛とカエル」のコンビにかけてか、『あつまれ どうぶつの森』の実況を頻繁に生配信。外出自粛の影響もあってか、アーカイブはコンスタントに2万前後の再生を記録する好調をキープしている。

07年にフィリピンで美人局に遭ったことも話題となった長井は、昨年5月、東京・新宿歌舞伎町に自身がオーナーを務める焼肉店『元気大将』をオープン。本業のお笑い活動も忘れておらず、ライブでは自身が創価学会員であることを逆手に取った「こんな創価学会員は嫌だ」「池田大作は生きているか死んでいるか分からない」などの尖ったネタも披露している。

 

“エンタ発”の行き先は悲惨な末路ばかりか…

番組中期には、『オリエンタルラジオ』、桜塚やっくん、コウメ太夫、にしおかすみこ、小島よしおらが番組をけん引。しかし、やっくんは11年に準強姦容疑で逮捕。13年には交通事故で亡くなった。

このころはリズム芸人が現れては消え、その1人であるアクセルホッパーこと永井佑一郎はライブ中心の活動に。ツイッター・インスタグラム・YouTubeのアカウントもあるものの、フォロワー・登録者数はどれも数千という寂しさだ。同じく消えたといわれるにしおかは、現在もローカル放送を中心に4本の番組に準レギュラー出演中。昨年には映画『鈍色のキヲク』にも出演し、ブログは現在も連日更新と、芸能人らしい活躍を続けている。

番組末期は質の低下が著しく、生徒会長金子、仔羊エルマー、クライザーⅢ世といった粗い芸人が続々と登場した。金子はカネッシー金子に改名しており、『ニコニコ生放送』には隔週レギュラー番組が。ツイッターフォロワーは2千人ほどと悲惨な状況だが、キャラを生かして『家庭教師のゴーイング』の生徒会長に就任している。

デスメタルメークをしたクライザーⅢ世は、〝中の人〟である『オジンオズボーン』の篠宮暁が意外な才能でプチバズリ中。独特な擬音とリズムで漢字を覚えるという方法がネットで話題となり、今年の3月末から4月初めにかけてテレビで連日取り上げられた。2月に発売した著書『オジンオズボーン篠宮暁の秒で暗記! 漢字ドリル』も好評だ。

バブルに乗った勢いだけのブレークでは、次第にボロが出て消えてしまうのが芸能界の常。現在ノリにノリまくっている第7世代は、10年後どれだけ生き残ることができるだろう。

 

【あわせて読みたい】