“SNS誤爆”が大問題になった芸能人…合コン自慢やジャニーズディスも

指原莉乃 

(C)まいじつ 

去る4月21日、『SKE48』都築里佳が自身のツイッターへ、《HKTいつの間にこんなブスだらけになった…?》とツイート。姉妹グループ『HKT48』をディスる内容を投稿した。

同ツイートは現在削除済みで、本人も〝誤爆〟を認め、《昨晩、Twitterにて不適切な投稿を行ってしまいました》と謝罪。「SKE」公式サイトでは、都築に対して厳重注意とSNSアカウントの無期限停止処分を下している。

こうした仲間の悪口や、アイドルにあるまじき合コン報告など、たびたび起きる芸能人たちの〝誤爆〟。都築のように、素直に認め処罰を甘んじて受ける者がいる一方で、〝アカウント乗っ取り〟を主張し、弁明をする人も少なくはない。SNSで誤爆した芸能人を紹介していこう。

まずは、都築にディスられた「HKT」のエースで、現在は『IZ*ONE』の活動を主にしている宮脇咲良。2016年9月17日、開設したばかりのツイッターにて、後輩・田島芽瑠の太った体型を揶揄する一般ユーザーの写真ツイートを引用しながら《ぱんっぱん》と一言投稿した。

その後、〝ツイッターの不具合〟を主張しようとしたのか、意味不明な英文や《はぁぁぱwggdあm@4》など次々とナゾのツイートを重ねた。ついには、別アプリでツイッターの不具合を報告し、《Twitter、スタッフさんに直してもらいました!》とコメント。あくまで、後輩への誹謗は〝ツイッターの不具合〟と主張したいようだった。

 

あの闇営業芸人も誤爆していた!

そんな宮脇の先輩・指原莉乃も〝手痛い誤爆〟をした1人。昨年1月に、整形後の腫れを抑える薬を紹介するツイートに「いいね」していることが明らかに。その後、指原はツイッターを更新し、《また携帯がビュンビュン勝手に動くやつになっちゃった~ 誤フォロー誤いいねしちゃうと思います すみません… もうやだこれ…なんなの… なったことある人いますか…》と、誤作動があると言い張っていた。

今やサッカー選手の妻の座を射止めた元『AKB48』高城亜樹は、《今日はみちゃとSBの今宮選手と森選手と4人で食事したよ》と投稿。プロ野球『福岡ソフトバンクホークス』所属の今宮健太選手と森唯斗選手と合コンしたことを公式アカウントで律儀に報告した。その後、《私が書いていないことが、私のTwitterでつぶやかれている》などと主張し、弁護士に相談するとまで言い張った。その後、〝取引先の社員〟とやらに乗っ取られていたことを報告。なお、この弁明を信じるファンはもちろん少なかった。

最後は、今年4月にテレビ復帰した『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮。彼が誤爆したのは17年1月に、狩野英孝が淫行疑惑謝罪会見を行い、その様子が『Abema TV』でライブ配信されていたときのこと。亮はこの配信を見ていたのか、《記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら認めるけど、弱小事務所のときはコレやもんな~~》《ジャニーズはいいなぁ~》と素直な感想をツイッターに投稿した。

どうやら、匿名で『Abema TV』のコメント欄に書き込んでいるつもりだったが、『Abema TV』のアカウントがツイッターと連動していたため、ツイッターにも投稿されてしまったようだ。気が付いたときには後の祭り。亮はその後、潔く誤爆を認め謝罪している。

〝おうちじかん〟が増え、SNSを活用することも増えている昨今。芸能界各位、ぜひ誤爆には気を付けてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】