武田真治と恋人の“買い物シーン”に難クセ声…「密です!密です!」

武田真治 

(C)まいじつ

俳優の武田真治とモデルで歯科衛生士の静まなみが、仲むつまじく買い物をする姿を『女性自身』が報じている。今年1月にはスポーツ紙が、武田が静と「結婚の意思を固めた」と報じ、結婚は秒読み段階とウワサされていた。

「静は2017年のトリンプ・イメージガールに選ばれている長身美女で、モデル活動をしながら歯科衛生士としても勤務していることで話題になりました。2人はすでに都内のマンションで同棲していて、この日はそろってスーパーで買い物していたところを激写されたようです」(芸能記者)

2人は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、しっかりとマスクを着用していた。しかし、ネット上では、より細かい部分を指摘する厳しい声も上がっている。

《マスクをするのは当然だけど、買い物は1人で行けよ》
《スーパーに行くときは時間帯を分け、家族の中で1人が代表で行けと言われているのになぁ》
《かなりラブラブのようですね。仲が良いのはいいけど店内が無駄に混雑する原因になるのは困りもの》
《感染防止や混雑解消を考えたらイチャイチャしてる場合じゃない。武田が1人で買い出しすればいいのにな》
《密です!密です!》
《自慢の筋肉で重い荷物も1人で持てよ!》

などといった難クセをつける人も多い。

 

一緒にいたい気持ちも分かるが…

「東京都の小池百合子知事は、4月22日に『繁華街の人けがなくなっているのに比べ、地元の商店街、スーパーに行かれる方が非常に増えている。時間帯を分ける、家族の中で1人代表というような厳しめのルールを設けさせていただく』と発言し、都独自のルールを設けています。結婚間近で、いつどこでも一緒にいたいという武田の気持ちも分からなくはありませんが、それでなくても人目につきやすい芸能人のこと、今の時期は〝密〟を避けて1人で買い物した方がよかったでしょうね」(前出の芸能記者)

先日はNHKの桑子真帆アナウンサーと俳優の小澤征悦のお泊りデートが激写されたが、その際、桑子アナがマスクを着用していなかったため物議を醸したばかり。

今や日本中が新型コロナウイルスの感染拡大にピリピリしている状況。何かと注目を集めやす有名人ほど注意が必要なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】