“バズーカバスト”HARUKAのセクシーグラビアに爆乳好き大興奮!

(C) Kaspars Grinvalds / Shutterstock

美女ダンサー集団『CYBERJAPAN DANCERS(サイバージャパン ダンサーズ)』のHARUKAが、4月30日発売の『週刊ヤングジャンプ』でセクシーランジェリー姿を披露している。

同グループは1995年に結成され、日本のクラブや世界最大のダンスミュージックフェスティバルに出演するなど、世界をマタにかけて活躍するダンサー&モデルグループ。メンバーは美女ぞろいで、中でもHARUKAは90センチの〝バズーカバスト〟で人気を博しており、インスタグラムのフォロワーは46万人を超えている。

今回の「ヤンジャン」登場に、フォロワーからは、

《バズーカオッパイがグラビアになるのか! チェックしておきます!》
《これは楽しみ。表紙もHARUKAちゃんでお願いします!》
《相変わらずスタイル抜群。爆乳好きにはたまらんです》
《ファニーフェイスなのにスタイルは超ド級なんだよね。マジ惚れました》

など、大喝采の声が上がっている。

 

日本人離れしたナイスバディ

「HARUKAは2018年に同グループに加入しましたが、直後から〝バズーカ〟と名付けられた爆乳を武器に一躍大人気となりました。グループメンバーはプロのダンサーの他、モデル、大学生、歯科助手、ヨガインストラクターなどバラエティーに飛んでいますが、共通しているのは、その日本人離れしたナイスバディです。メンバー全員が身長160センチ以上で、股下の長さも特筆モノ。ライブではド迫力ボディーを駆使したエロチックなダンスで、男性ファンを魅了しています。最近は、個々のメンバーが多くのグラビア誌に進出していて、露出も増えていますね。AKBなどのアイドルグループとはまた違った大人の雰囲気が人気になっています」(アイドル雑誌ライター)

HARUKAのインスタには自慢のバズーカをはじめ、超エロいカットが惜しげもなく公開されている。爆乳好きはフォロー必須だ!

 

【画像】

(C) Kaspars Grinvalds / Shutterstock