視力を失った犬と目の代わりを務めるポメラニアンが織りなす心温まる物語


彼の名はホシ。アメリカのワシントン州スポケーンの愛犬家ポーリン・ペレスさんに、10年以上も飼われているエスキモー犬だ。

一見普通に見えるが実は重度の緑内障を患い眼圧がとても高く、常に耐え難い痛みにさらされ、視力が大幅に低下して、通常なら日常生活も困難な状態となる。

しかしホシには強い味方が居るのだ。

■重度の疾患を抱える大親友ゼン

こちらがホシの大親友であるポメラニアンのゼンだ。彼はホシがまだ少し目の見える時に、保護施設からこの家へ貰われてきて、以来2人はすっかり仲良くなった。

ゼンはもともと野良犬で、保護された時は心臓や気管支、そして肺に重い疾患を抱え、日常的に特別な看護が必要な犬だった。

しかしポーリン氏はこの愛くるしい表情に「一目ぼれ」してしまい、手間が掛かるのを承知で彼を家に迎え入れる。

そしてゼンが来て半年後……

■ホシは眼球の摘出手術を受けた

この時ホシは11歳とかなり高齢だったが、手術は無事成功する。

本当に痛々しい姿……しかし彼は目を失った代わりに、高い眼圧による苦痛から解放される事となり、飼い主のポーリンさんも、これでホッと一安心する。

しかしもっと喜んだのはゼンだった。

■ゼンがホシを先導し始める


手術の直後、目が見えないことで不安そうな素振りを見せるホシだったが、そんなホシの傍には、いつもゼンが寄り添っていたという。

そして散歩に出られるようになると、ホシとゼンは一本のリードで結ばれ、ホシを励ますかの様にゼンが率先して「先導役」を務め、うしろ振り向きながら前を歩いて行くではないか。


もはやゼンはホシの目であり、ホシもそれが分かっているのか、全盲になった後はゼンのそばから全く離れようとせず、2人で仲良く寝ることが多くなったそうだ。

■お互いを支え合う2匹の犬


生まれも育ちも違う彼らは「偶然出会った」のだろうか?それとも不思議な力が「2人を引き合わせた」のだろうか?

言い忘れていたが、ゼンがホシを一方的に支えている訳ではない。

ホシもまた先輩犬として、家に来たばかりの心細いゼンに優しく接し、彼の緊張を解きほぐしながら快く迎え入れた経緯があり、だからこそ2人は「深い絆で結ばれた」とも言えるのだ。

目が見えなくても、重い持病を抱えていても、それを分かち合う仲間さえ居れば「幸せ」になれる。

今回はそんな事を2人に教えられた気がした。

【参考】

THE ADVENTURES OF zen & hoshi

【画像】

the.fluffy.duo – Instagram

 

【あわせて読みたい】

解散間近……!SMAP特集

※ いてもたってもいられない成宮寛貴ファンたちが「ロケ地巡礼」へ

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

※ 土壇場でSMAP紅白歌合戦出場のために動いたタモリ

※ 松本人志にネットから批判の意見殺到するようになった理由

※ M-1やスマステで心配された上戸彩の激ヤセの原因