宇垣美里“ブラチラ”連発のCM撮影現場! ノースリーブの隙間から…

宇垣美里

(C)まいじつ

元TBSアナウンサーで、現在はタレント・女優としても活躍する宇垣美里が、新CM撮影現場を大コーフンさせたという。

宇垣は美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』の新たなミューズに就任し、5月3日から全国でオンエアされる新CM「登場篇」「展開篇」に出演。コンセプトは「いろいろあるけど、ミュゼがいる。」で、YouTubeではメーキング映像も公開されている。

宇垣が演じるのは、仕事やプライベートに悩む女性。小うるさい上司や友人との関係に悩み、家では溜まったモヤモヤを爆発させる。プレスリリースによると、《仕事、美容などさまざまなことを日々頑張っている女性たちに向けて、「きれいのことならミュゼに任せてほしい」「寄り添って応援していきたい」という思いが込められている》そうだが、宇垣の衣装は普段着風も部屋着風もなぜかノースリーブ。スベスベとした二の腕やワキ、局アナ時代から話題だった巨乳を強調させており、ターゲットである女性よりも男性視聴者を「宇垣のナイスボディーを楽しんでくれ」と挑発するかのようだ。

 

感じたのではないかという情報まで…

「部屋着衣装がノースリーブ・ハーフパンツなのは分かりますが、カフェでのシーンまで袖なし衣装なのは明らかに不自然。宇垣のカラダを目で堪能するため、意図的にチョイスされたとしか思えません」(エンタメ誌ライター)

この〝もくろみ〟は実際に功を奏し、現場スタッフは眼福の光景を目に焼き付けたという。

「同CMはソファに寝そべったり猫と戯れたりと、袖なし衣装の割に動きが多い。これにより、撮影現場は宇垣のヘソチラ脇チラといった〝チラ見え〟のオンパレード。かがんだときには、推定Gカップともいわれる大ボリュームバストの谷間とブラが見えることもあったそうです。最も興奮に包まれたのは、OK待ちで猫と戯れていた際のこと。何でも、宇垣が猫を抱きかかえていたところ、胸に引っかかった爪の当たりどころ悪く『あん…』と声が漏れてしまったと言います」(芸能プロダクション関係者)

猫と戯れる瞬間を捉えた「ニャンニャン映像」の流出も時間の問題かもしれない。

 

【あわせて読みたい】