松居一代って何してるの? 姿を消した“お騒がせ芸能人”の現在

松居一代 

(C)まいじつ 

世間への影響力が非常に強い芸能人。それ故に、何か騒動を起こしてしまうと〝その後〟には悲惨な状況が待ち受けていることも少なくない。かつて〝トンデモ騒動〟を引き起こし、芸能界から干されてしまった人にスポットを当ててみよう。

まずは、オリジナルお掃除道具〝マツイ棒〟で一世を風靡した松居一代。彼女は当時の夫だった船越英一郎との離婚間際に、彼の不貞を暴露する『呪いのビデオ』を投稿したり、非難する発言を幾度となく繰り返してきた。

最初は面白がって彼女のことを取り上げるメディアも多かったのだが、そのうちに〝本当にヤバイ人〟と認識され、以降メディアで姿を見ることはなくなってしまうことに。ところがここ最近、自身の公式ブログへ新型コロナウイルスの感染拡大について突然のコメントが。各地の学校が休校措置を施している中、授業のオンライン化が進まないことに「しっかりしてくださいよ!! 日本国家!!」と苦言を呈していた。

松居の発言にネット上では、

《あら、懐かしいわね松居棒さん》
《脳内がしっかりしてない奴に言われても(笑)》
《一番しっかりした方がいい人が言うなよ》

などといった反響が起こっている。

 

まだまだいる! 本当にヤバイ芸能人たち!

お騒がせ芸能人といえば、3年前に自身のレストランで勝手に出した水に〝800円〟の価格をつけ、揚げ句〝逆ギレ〟した川越達也シェフのことも忘れられない。彼は騒動の直後に姿を消すも、昨年12月に放送された『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)の名物コーナー「美食アカデミー」に出演して突然の芸能界復帰を果たしていた。

「川越シェフは現在、中目黒と銀座に自身のお店をオープンする予定とウワサされています。価格も過去にオープンしていたレストランと同様に、強気な設定にしているそう。しかし今の〝コロナ禍〟では、オープンしても集客は厳しいでしょうね」(芸能ライター)

昨年に〝闇営業騒動〟で一時お茶の間から姿を消した、『ロンドンブーツ1号2号』田村亮と『雨上がり決死隊』の宮迫博之もお騒がせ芸能人といえるだろう。亮は4月7日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でテレビに復帰し、宮迫は自身の公式YouTubeチャンネルを開設してユーチューバーとして復活している。

一度表舞台を去っても、復帰できるチャンスがあるのが〝芸能界〟の良いところなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】