「親父にもぶたれたことない」はウソ!? “毒親”に育てられた芸能人

GACKT 

(C)まいじつ

過去につらい暴力を受けて育ってきた人もいるだろう。最近ではガンダム芸人・若井おさむが、家族から虐待を受けていたと打ち明けている。

4月21日に『婦人公論.jp』で告白したエピソードは、若井の幼稚園時代と小学生時代からスタート。最初の記憶はおもらしをしたときの出来事で、何と母親から尻に火をつられたそう。父親は仕事ばかりで顔を合わせる機会は少なかったものの、やはり時折、暴力を振るわれることが。おかげで小学生時代は「死にたい」「生まれてこなければよかった」と日々考えていたようだ。

最終的には母親を見かねた父親が若井をかばってくれたが、これをきっかけに両親は不仲な関係に。若井が20代のころに2人は離婚し、その後、父は自殺してしまったという。

あまりにも不憫な人生を送ってきた若井に、ネット上からは、

《そんな過去があったとは……。さすがにかわいそう》
《人生リセットしなくて良かったね》
《どんな思いでアムロの台詞を真似してたんだ若井さん》

などといった同情の声が相次いでいる。もしかしたら「親父にもぶたれたことないのに!」というモノマネの台詞には、皮肉が込められていた可能性もある。

 

GACKTや杉本彩も毒親に育てられていた…

以前に放送されたバラエティー番組では、シンガーソングライター・GACKTが〝壮絶な過去〟を打ち明けている。GACKTの父親は、気に入らないことがあると、すぐに手を出す人だった模様。しかし父親の暴力よりも恐ろしかったのが、母親と口論したときのこと。エスカレートした際に、母親は包丁の刃先をGACKTに突き付けたのだ。興奮状態のGACKTが「刺せるものなら刺してみろ」と挑発した結果、そのままプスッと刺されてしまったらしい。今となっては「刃物とね、縁がある人生なんだよ」と冷静に受け入れているものの、刺されたときは相当ショックだっただろう。

また、タレントの杉本彩も毒親に悩まされていた芸能人。過去にブログで「私の結婚を喜ばない家族たち」という記事を更新している。1992年に音楽プロデューサーの男性と結婚した彼女だが、同居していた母親が夫に暴言ラッシュをお見舞い。その結果、夫が耐えられなくなって離婚に至ってしまったそうだ。

さらに、芸能プロダクション『オフィス彩』の副社長と再婚した際、母親は「子どもができたら私、ショック死するかもしれません」などと2人の関係を邪魔することも。これに対し、杉本はブログ内で「私の足を引っ張る愚かな母には、もう本当にうんざり」と呆れていた。

とはいえ辛い過去をバネにして、今を幸せに生きている上記の3人。自分の人生に希望を持っていれば、きっと何とかなるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】