梅沢富美男“自粛延長”に喝を入れるも辛辣な声「虚しく感じてしまう…」

梅沢富美男

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月30日放送の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、俳優の梅沢富美男がリモート出演した。

梅沢は、政府が緊急事態宣言を1カ月延長する方向で調整に入ったことについて、「本当に納得できないと思いますよ!」と怒りをにじませる。そして、「僕の知っているかんざし屋さん、石屋さん、皆さん『もう辞める』って。僕のところに連絡きて、『かんざしをお安く渡しますから買って下さい。もう、お店閉めるので』って」「お店もやってない自粛をあと1カ月、2カ月(延長)だとか。なぜ、そうするのかちゃんと話をしてくれないと中々、大変なんじゃないかと思いますけどね」などと不満を訴えた。

梅沢の持論に、ネット上では、

《先行きが不透明だと心配ですよね》
《早く梅沢さんのお芝居見たいな。このまま関係者が廃業しちゃうのは忍びないですよね》
《お気持ち察します。早く感染拡大が収まるといいですね》

など、エールが送られている。

 

梅沢は劇団員の給料を支払っていた…

しかし一方で、

《何に怒ってるんだ? コロナに? どうしようもないだろ》
《気持ちは分かるけど、別にかんざし屋だけじゃない。みんなが自粛すれば収まるんだよ》
《今は国民全員が家でおとなしくすることが前提。行きつけのお店がピンチなのは梅沢さんだけじゃないんだよ……》
《感染者を少なくするためには延長しかないだろ 何かいい方法があったら教えてくれよ》
《一部の人の身勝手な行動のせいで感染が収まらないからです。芸能界にいるなら、ライブやゴルフに行って感染した人のことにも言及してください》
《こうやって吠える人がいるほど虚しく感じてしまう》

などといった声も寄せられている。

「梅沢の訴えも理解できますが、さすがにテレビで吐き捨ててもどうなるわけでもないですからね。梅沢は自身の主催する劇団も新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、公演ができない状態が続いています。劇団員への給料はすべて梅沢が負担しているといい、本人もかなり切実のようですね。もっとも、頭の回転が早い梅沢のこと。番組的に自分のキャラクターをよく理解して吠えたというのが本当のところでしょう。本人は自宅できっちりと自粛生活をしているそうですからね」(芸能記者)

今はファンも夢芝居でガマンのとき。コロナ禍が終息したあかつきには、舞台上でファンをたっぷりと楽しませてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】