外出自粛中にスイーツフェアへ!? 大炎上を招いた“無名”芸能人たち

(C) Asier Romero / Shutterstock

有名人のスキャンダルが、ネット上で注目を集めるのはよくある話。しかし世の中には、無名なのに世間をにぎわせる〝凄腕〟も存在するようだ。

まず紹介するのは、Amazon Prime Videoが配信しているリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』への出演経験がある「濱崎麻莉亜」。

実業家かつタレントの濱崎は近ごろ、外出時の写真をインスタグラムに連投している。その写真には緊急事態宣言が発令されたにもかかわらず、スイーツフェアなどを楽しんでいる姿が。ちなみに彼女はマスクも着けていない様子。

モラルに欠けた濱崎の行動に、ネット上からは、

《緊急事態宣言が発令されてるの知ってるよね?》
《頭のネジが外れてる。マスク未着用はあり得ないでしょ》
《空気が読めないことをやってる人は、さすがに応援できないわ》

と蔑む声が多数上がっていた。

その後ファンからのコメントに逆切れし、インスタグラムのアカウントを削除した濱崎。他にも濱崎と同じように、無名なのに炎上してしまった人物がいる。

 

カッコ良過ぎる自分に酔ってしまった説

ファンからチヤホヤされた結果、とんでもない行動をとった無名人もいるようだ。イケメンたちが勢ぞろいする『メンズフェスin大阪』に出演した男性モデル2名は、ファンからもらったプレゼントを踏みつける動画をアップした。動画内ではプレゼントを踏むだけでなく、「カモ」「ブス」などファンを笑いながら貶している。

ファンたちの思いを文字通り〝踏みにじった〟2人は、その後、関係者からさまざまな罰を受けていた。もうモデルとして活躍するのは無理かもしれない。

最後にご紹介するのは、「GRANRODEO」のボーカルなどで活躍する谷山紀章。アニメ界隈では人気の高い谷山だが、知らない人も多いはず。何をやらかしたかというと、本人のツイッターで《俺正直 ブカンカゼ ちょろいって思ってるけどね》とイキッてしまったのが原因だ。このツイートが大炎上を巻き起こし、

《紀章さん、酔ってますか? めちゃくちゃカッコ悪いです》
《それは間違いなくヘイトスピーチ。恥を知ってくれ》
《実際に人が亡くなってるのに、そんな発言するなんて老害かよ》

などの怒りの声が殺到。谷山は該当ツイートを削除し、ツイッターへ謝罪文を投稿している。

身勝手な発言や行動で、さらにファンを減らした無名たち。名誉挽回できるかは本人次第だが、このままでは一生無名のままだろう。

 

【画像】

(C) Asier Romero / Shutterstock

【あわせて読みたい】