『仰天ニュース』鶴瓶の政権批判に疑問の声「番組を私物化してない?」

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

5月5日の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)では、〝人間VSウイルス〟という企画を放送。その中で、メインMCの笑福亭鶴瓶が日本政府に意見する一幕があり、ネット上で物議を醸している。

この日は「新型コロナウイルスで陽性と診断された人」や「2015年に猛威を振るったMARS」など、ウイルスと人間に関するさまざまなVTRが取り上げられることに。また番組では、日本とほぼ同時に新型コロナウイルスの感染者が出たにもかかわらず、すでに収束に向かっている韓国について〝MARSという感染症を経験しているためではないか〟と言及する一幕も。そしてVTRが終わり各々が感想を述べていると、鶴瓶は唐突に政府への意見を語り始めた。

「(新型コロナウイルスに対しての)初動態勢はまちごうてたん違うかなと思うよね」「もっと早かったら助かってるのに……とかね」「他の国ともね、ある種ちゃんと政治として、外交として仲良くして……」「日本の一番のトップが早く決断して、こうしようということをしないと」などの持論を展開。

その後「トップの初動が遅かったというのは間違いないと思うね」と、初めと同じ趣旨の言葉で締めくくるのだった。

 

突然の政府批判に困惑!? 「何かがっかり」

突然、人が変わったように持論を展開した鶴瓶。これには同じくMCを務める中居正広も驚いたようで、「たまってますね」と引き笑いで取り繕っていた。

この持論に対してネット上では、

《公共の電波で居酒屋のおっさんトーク聞きたくない》
《鶴瓶うわぁ……ってなったわ》
《鶴瓶さん、つっこんだねぇwww》
《番組を私物化してない? 何かがっかり》
《鶴瓶ってチョイチョイ政府批判を交ぜるのがきっつい》
《はっきりと、かなり強い口調で政府批判してたね》
《腹立つ。結局は現政権が嫌いな立場なだけでしょ?》

などの声が。もちろん批判ばかりではないものの、トークの流れを無視して政府へ意見する鶴瓶に対して違和感を覚えた視聴者も少なくはなかったようだ。

中居が触れていたように、鶴瓶には何かたまっていたものがあったのかもしれない。しかし今回は少し悪目立ちしてしまったことは確かだろう。

 

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

【あわせて読みたい】