『ヒルナンデス』に和牛ファンが“ブチギレ”…「おばさん見たくない!」

和牛

(C)まいじつ

5月6日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が、またも番組全編にわたって『阿佐ヶ谷姉妹』の岡山ロケを放送。他のレギュラー陣、特に『和牛』のファンから苦言が寄せられた。

「阿佐ヶ谷姉妹」の岡山ロケが最初に放送されたのは、まだレギュラー就任前だった3月4日のこと。4月1日には第2弾も放送され、番組全編を使っても収まりきらなかったスポットが紹介された。緊急事態宣言下でVTRの〝ストック〟が少ないのか、5月6日の放送では第3弾が放送。これまでのシーンと未公開シーンを合わせたロケが、またも番組全編にわたって放送されていった。

このあおりを受けた形となったのが他のレギュラー陣だ。放送された企画が「阿佐ヶ谷姉妹」の旅ロケのみだったことで、時折スタジオで繰り広げられるトーク以外に出番はなし。また、現在の番組はリモート出演を取り入れているため、画面内で存在感を出せないレギュラーは〝消えている〟も同然の状態となってしまった。

 

アンチの仕業にすら見える超カオス状態に…

それでも『オードリー』は番組の終盤、春日俊彰の早口言葉コーナーがあったため、ファンは納得していた模様。一方、かわいそうだったのは「和牛」のファンで、芸人として姉妹に見せ場を独占されていることにモヤモヤとしてしまったようだ。SNSには不満が噴出し、荒れ模様と化してしまった。

《ゴールデンウイークだから和牛出せ》
《阿佐ヶ谷姉妹嫌いになりそう》
《今日のヒルナンデス出てなくて寂しかった》
《おばさんじゃなくて若い人を見たいんだけど 和牛まだ?》

しかし、そんな怒りをあらわにしているのが少数のファンであることも事実であるため、

《ここまできたら逆にアンチに見える 阿佐ヶ谷姉妹のこと悪く言わないでほしい》
《ヒルナンデスのタグで、ずーーっと和牛だせって文句言うてる人いる。。》
《こういうファンついてて和牛かわいそう》
《来週は和牛の番かもしれないのに…。和牛ヲタ怖い痛い…》

など、「和牛」本人たちやその他多数のファンに対する同情・呆れが入り交じるカオスな事態となった。

平和な笑いがウリの番組だけに、視聴者ももっと仲良くしてほしいものだが…。

 

【あわせて読みたい】