三谷幸喜に称賛! 野田秀樹に罵声…コロナ禍で演劇人の明暗クッキリ

三谷幸喜 

(C)まいじつ 

新型コロナウイルスの影響で、コンサートや演劇などのイベント自粛が続く現在。舞台関係者からは行政に対するさまざまな発言が飛び出し、物議を醸している。

3月1日に演出家の野田秀樹氏は、自身のウェブサイトへ『公演中止で本当に良いのか』という意見書を掲載。《演劇は観客がいて初めて成り立つ芸術です。スポーツイベントのように無観客で成り立つわけではありません》と持論を展開し、「スポーツを見下している!」と批判が殺到した。

また、劇作家の平田オリザ氏はインタビューで、舞台演劇界の窮状を訴えていた一方で、《製造業の場合は、景気が回復してきたら増産してたくさん作ってたくさん売ればいいですよね。でも私たちはそうはいかないんです。客席には数が限られてますから。製造業の場合は、景気が良くなったらたくさんものを作って売ればある程度損失は回復できる。でも、私たちはそうはいかない》と発言し、大炎上に発展している。

ネット上では

《平田さんって、どうして製造業に対してこんなにも無理解かつ無礼なんだろう?》
《演劇の客席に限りがあるのと同じく、製造業のラインや職人にも限りがあるんだよ!》
《この人なんでこんなに製造業を馬鹿にしてるんだろ。信じられんわ》
《野田秀樹も平田オリザも、本当に自分たちのことしか考えてないのな。こんなんじゃ国民から理解を得られるわけないじゃん》

など、大ブーイングが巻き起こっている。

一方で、同じ舞台関係者にもかかわらず、その発言が大喝采で受け入れられている人物も…。

 

アツいコメントに称賛の声が集まる!

「東京・世田谷パブリックシアターの芸術監督である野村萬斎は『われらが生きている限り、文化は存続するという思いを胸に、世田谷パブリックシアターは死なずに冬眠より覚醒し、生きているあなたと、生きていることを分かち合う舞台芸術の春を待っています。どうか皆さんお元気で! 生きていて下さい! ‶live(リブ) live(ライブ) live(リブ) for live!(ライブ)〟』と発言し、ファンからエールが送られています。また、劇作家の三谷幸喜は6日、ウェブ会議アプリ『Zoom』を利用したオンライン演劇を開催し、1万5千を突破する視聴数を上げ、演劇ファンを喜ばせました。同じ演劇人として、ファンからの評価が完全に明暗別れましたね」(芸能記者)

政府の緊急事態宣言発令で、自粛を余儀なくされているのはどの業界も皆同じ。不平不満の声を上げたくなる気持ちも理解できるが、演劇に取り組む姿勢や考え方の違いが、こんなところで明らかになってしまったようだ。

 

【あわせて読みたい】