『バイキング』坂上忍が公開イジメ!?「めちゃくちゃ不快」と非難殺到

坂上忍

(C)まいじつ

5月7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、番組MCの坂上忍が進行役である同局の榎並大二郎アナを〝過剰〟におとしめる一幕があった。坂上の発言にネット上では、「公開イジメだろ」「めちゃくちゃ不快だった」などと批判の声が続出している。

問題になったのは、エンディングで繰り広げられた坂上と榎並アナのトーク。番組のコーナーが一通り終わると、坂上は急に「しつこいようですけど、鼾(いびき)が読めないってさぁ…」と、バカにしたような表情で榎並アナに話を振る。それに対し、コメンテーターとして登場していた南美希子も「ねぇ…」と、さげすむような声色で同調した。

実は「バイキング流STAY HOMEの楽しみ方」と題した企画の中で、コメンテーターを務める弁護士・清原博氏から〝漢字検定1級程度〟の問題を出題される一幕が。そこで榎並アナは「鼾」の読み方を出題され、「え?え? 鼻を干す? え? く、くしゃみ…?」と自信なさげに回答。すると坂上は「分かんないの?」「いびきだよ、いびき!」と、謎の〝上から目線〟で榎並アナを野次っていた。

ちなみに坂上の榎並アナ〝イジり〟はこれだけに留まらない。坂上は「え? 何、漢字があまり好きじゃないの?」と、先刻の出来事を蒸し返す。榎並アナが「いいえ…むしろ好きな方だったと思ってました」と顔をしかめると、すぐさま坂上は「え!? むしろ好きだったの?」と畳み掛ける。これには榎並アナも「はい、昔は…」と困ったような表情に。

さらに坂上から「得意なのは何?」と追撃され、榎並アナは先程よりも表情を歪ませながら「えっ漢字…です」と小声で漏らす。しかし坂上はまだ飽きないのか、「ちょっと! 漢字!? 得意なのは漢字です! 一番得意なんだ!?」とまくし立てる。榎並アナは「はい、昨日までは…今日から言わないようにします」とつぶやき、「得意なことは、言い訳です…」と、絞り出すような声で反省の色を示すのだった。

 

ネチネチとしつこいイジりに非難が…

ワイプで出演していたコメンテーターの安藤優子も、「ちょっと開き直ってるんじゃないですか? 開き直りにしか聞こえませんでした」と、高笑い交じりに榎並アナをイジっていた。

自分より年齢の若い榎並アナを寄ってたかってコキ下ろす坂上たちに、ネット上では、

《テレビという公共電波で榎並アナいびりをするのも「いじめを助長している」と思う。これは笑いではない。見ていて不快》
《自分が読めるからって大声で言うことじゃない。こうゆう人間って本当に嫌な奴だね》
《榎並アナはかなりのストレスを抱えてそう。坂上さんとの相性もあまり良くなさそうだし》
《たった一文字読めなかっただけで、性格にまで言及する方が余程に性格が歪んでるのでは?と感じてしまいます》
《こういうやり取り、本人は面白いと思ってやっているのだろうが、視聴者はウンザリします》
《榎並アナ、今日もかわいそうだったね。あれはほんとにパワハラだと思う》

などといった非難の声が殺到していた。

歯に衣着せぬ物言いで一部からは人気の坂上。しかし、〝イジり〟と〝イジメ〟の差が分からないのであれば、今後も同じような問題で炎上してしまうのではないだろうか…。

 

【あわせて読みたい】