『スッキリ』で倖田來未が“腐った”と発言!「それ言っていいの?」

倖田來未 

(C)まいじつ 

5月7日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)に、歌手の倖田來未が自宅からリモート出演。トーク中に〝過去の失言〟をニオわせるワードを繰り出し、視聴者をザワつかせてしまった。

倖田は番組内で〝生歌〟を披露するために登場。その前にMCの『ハリセンボン』近藤春菜から倖田へ、自粛中に自宅でどのような生活をしているのかという質問が。倖田はこの質問に、インスタグラムを見たり、作詞作曲をして過ごしていると回答。また現在、日本中で大ブームとなっているゲーム『あつまれ どうぶつの森』、通称〝あつ森〟をプレーしているとも語っていた。

息子の影響でゲームを始め、今となっては打ち合わせやレコーディングが終わるたびにプレーするほど〝あつ森〟にドはまりしているという倖田。するとMCの加藤浩次から「カブ売ったりしてるんですね?」と、ゲーム内にある〝野菜のカブ〟に見立てた〝株〟についての質問が。すると倖田は「初めて買ったカブが全部〝腐って〟しまいまして! あれ一週間たったら〝腐る〟んですね!」と苦い思い出を明かしていた。

 

メディアでの“腐る”発言に驚きの声が続出中!

倖田の〝あつ森〟トークに、ネット上では、

《倖田來未、初めて買ったカブ腐らせたんかwww》
《倖田來未があつ森でカブ腐らせた話してるの草》

などと爆笑の声が。一方で〝腐る〟というワードを気にする人もいたようで、

《それ言っちゃっていいの?》
《倖田來未が「腐る」って言ってたから、過去のトラウマがフラッシュバックした》
《腐るはNGワードなのでは……?》
《まさかテレビで〝腐る〟をまた使うなんて》
《倖田來未が腐るって言うと、ヤバいことしか思い出さない》

などといった反響も続出している。

「倖田は2008年に自身のラジオ番組で『35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる』と発言し、活動を自粛した過去があるのは有名な話でしょう。今回の〝腐る〟発言は羊水の話とは全く関係ないのですが、今でも不穏なワードとして捉える人も少なくありません。過敏に反応してしまう気持ちも分からなくはないですね」(芸能ライター)

10年以上も前の出来事なので、すでに時効と言えなくもないが、倖田はなるべく〝腐る〟という言葉を使うべきではないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】