月亭方正“娘の手作りマスク”が卑猥過ぎ?「言っちゃダメだけど…」

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

落語家の月亭方正が5月5日、自身のSNSを更新。娘が手作りした黒マスク姿を披露したところ、その〝卑猥な形〟にネット民たちが騒然としているようだ。

方正は自身のツイッターで、《娘がマスク作ってくれた なんか、、、いや。ありがとう》というコメントとともに、実際にマスクを着用した写真2枚を公開。1枚目は正面から撮られた写真で何の変哲もないマスクだが、2枚目の横から撮られた写真では、鼻の部分が突き出ているデザインであることが見て取れる。

「このマスクは、昨今SNSで話題になっている〝靴下マスク〟でしょう。靴下の余分な部分をカットし、耳に引っ掛けるために切れ込みを入れるだけで簡単に作れます。また、普通の手作りマスクに必要なヒモやガーゼを使用せず、靴下とハサミのみがあればできるという手軽さもブームの要因ですね」(エンタメ誌ライター)

 

パンツのナニを収める部分?

娘の愛もクセもある手作りマスクに対し、ネット上では、

《天狗用?笑》
《とんがってる笑 ピノキオみたい~》

などと微笑ましく思う声が続出。また一方で、

《パンツの、ナニを収める部分にしか見え、、いや素晴らしい! 優しい娘様!》
《言っちゃダメだけどこれしか思い浮かばないね笑》
《私、何か心が汚れてるのかな》
《純粋に鼻が息苦しくならないように作ってくれたんだよね。優しいね そして私の心は汚れてる》
《鼻って勃◯機能ありましたっけ?》

などとツッコミを入れる声や、思わず変態的にイメージを浮かべた結果、自身の心の汚れを認知した声が多く上がっている。

斬新なアイデアで、飛沫を防ぐだけでなく、笑いによる免疫力向上の手助けもしてしまうとは…。いやはや、さすがは方正の娘といったところだろうか。

 

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】