篠田麻里子のベビーカーデビューに“自粛警察”の目!「ネタ作りかな?」

篠田麻里子 

(C)まいじつ 

元『AKB48』の篠田麻里子が5月7日に自身のインスタグラムを更新し、第1子のベビーカーデビューの様子を公開した。

篠田は、《早朝お散歩へ 今日は天気が良くて気持ち良い はじめはギャン泣きされましたが徐々に快適なことに気付いたのか寝てました》などとコメント。顔を隠した状態の赤ちゃんの写真をアップしている。

母親感のあふれる1枚に、フォロワーからは、

《かわいらしい赤ちゃんですね。紫外線が強いので予防も忘れずに!》
《お手手がかわいいなー。お散歩楽しそう》
《麻里子様もすっかりお母さんですね!》
《カワイイですね。早く日常的にお散歩ができる日が来るといいですね》

など、多くのコメントが寄せられていた。

 

“ステイホーム週間”だったのに…

しかし一方で、〝ステイホーム週間〟中の散歩には、懐疑的な声も上がっている。

《散歩するなとは言わないけど、生後1カ月の赤ん坊をわざわざ連れ出す必要あるのかな?》
《赤ちゃんは感染症に対する抵抗力が弱いのに外出して大丈夫か?》
《もう少し我慢してほしい。インスタグラムのネタ作りのためとしか思えない》
《麻里子ママ、今はガマンのとき。ステイホームってあれほど言われてるのに…》

など、乳幼児を連れての散歩に苦言を呈する人が続出している。

「本来は1カ月健診が過ぎれば、徐々に外出可能になるのですが、さすがに今は時期が悪いと言わざるを得ません。そもそも、赤ん坊を連れて外出する際には、おむつセットやおもちゃ、バスタオル、着替え、ミルクセットなど、用意しなければならないものがたくさんあります。大人がぶらりと散歩するのとはワケが違います。外出自粛中で、周囲への影響を考えれば、今しばらくガマンした方が良かったのではないでしょうか。赤ちゃんの体調の変化も心配ですしね」(幼児誌編集者)

最近は長引く自粛生活のストレスから、ついつい不要不急の外出をしてしまう人も少なくないようで、〝自粛警察〟の厳しい指摘が飛ぶこともしばしば。篠田にとっては、ほろ苦いベビーカーデビューになってしまったかもしれない。

 

【あわせて読みたい】