日テレ・藤井アナ“好感度”爆上がり!同期の羽鳥アナと明暗クッキリ

羽鳥慎一 

(C)まいじつ 

『news every.』(日本テレビ系)のメインキャスターを務める同局の藤井貴彦アナに絶賛の声が続出中だ。新型コロナウイルスに関するニュースを日々伝える中、彼のコメントが「胸に響く」「安心感が凄い」などと話題になっている。

藤井アナのコメントは、緊急事態宣言の発令後からたびたび番組内で聞くことができる。例えば5月8日の放送では「もう一度2週間後の未来を創るために、この週末が大切です。私たちは卒業式も入学式も、人によっては結婚式も見送りました。今生活を支えている多くの人のためにも、この週末のご協力をお願いします」と視聴者の心に訴えた。

これは原稿を読んだのではなく、藤井アナ自身から出た切実なメッセージのようだ。他の日にも心に残るコメントが多数登場するため、最近ではネット上に〝藤井コロナ語録〟という単語が生まれた様子。

藤井アナのメッセージを聞いた人からは、

《思わず涙ぐんでしまう時が…。藤井アナの言葉にはホント救われる》
《心の底から伝えようとしてるのがわかる。まさにアナウンサーの鑑》
《藤井アナはいいこと言うよね。これからも頑張ってほしい》

と大絶賛の声が上がっていた。

 

同期との差が開くエリートアナウンサー羽鳥慎一

そんな藤井アナと同期なのが、『モーニングショー』(テレビ朝日系)のキャスターを務めている羽鳥慎一アナだ。

昔から羽鳥アナはバラエティーでも活躍するほど人気だが、藤井アナはドライで目立たないアナウンサーという印象だった。しかし東日本大震災をきっかけに、藤井アナの性格がガラッと変化。今では〝心遣いの代名詞〟と言われるほど番組スタッフにも愛され、視聴者からも高い支持を集めている。

一方で羽鳥アナはというと、現在『モーニングショー』でコロナ不安を煽る報道が目立ち、評判が悪くなりはじめている。実際にネット上では、

《やっぱり今のご時世は語りかけが大事。everyの藤井アナと、モーニングショーの羽鳥アナは同期。どこでこんなに差がついた?》
《藤井アナは今回のコロナ報道で一番というか、唯一株を上げたアナウンサーだわ。羽鳥アナと同期らしいけど、驚くほど差がついちゃったなぁ》
《羽鳥慎一には不安を煽られるが、藤井アナには辛い状況を支えてもらえるような言葉をもらえる。藤井アナの出ている番組を見よう》
《藤井アナが株を上げてるのを見ると、羽鳥さん本当にそれでいいの?と思ってしまうな》
《とにかく不安を煽るモーニングショーの羽鳥アナと、安心感を当てえてくれるエブリィの藤井アナが同期というのは皮肉だなぁと感じる》

などと2人を比べる声が多く見られる。

ちなみに『週刊文春』恒例の〝アナウンサー好感度ランキング2019〟を振り返ると、羽鳥アナが2位に対して藤井アナは圏外。果たして今年のランキングはどのような結果になるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】