田中みな実がホリエモンと真っ向対立で称賛「痛快です」「正論だ」

田中みな実 

(C)まいじつ 

緊急事態宣言以降、その発言が世間の耳目を集めている〝ホリエモン〟こと実業家の堀江貴文氏が、5月10日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)にリモート出演。緊急事態宣言について持論を展開したが、ネット上では堀江氏に質問を浴びせた田中みな実に支持が集まっているようだ。

堀江氏はかねて、ツイッターで自粛要請や緊急事態宣言に苦言を呈しており、前週の「サンジャポ」でもその発言が話題に。今回はリモート出演で番組に登場し、「緊急事態宣言自体が必要なかったんじゃないかなと思ってます」などと発言。たんたんと持論を展開する堀江氏に対し、スタジオの田中は何か言いたげな様子で、何度も割って入ろうとする場面が。そしてついに、堀江氏の話を遮りながら「堀江さんは、どういう策を講じれば良かったと思われるんですか、政府は?」と質問を浴びせ、堀江氏は「緊急事態宣言を出さなければ、みんな適度に自粛していた」「みんなマスクもしてたし三密も避けてた」と返答する。

 

意見が対立するも視聴者のジャッジは田中に

ツイッターでも一貫しているように、堀江氏は欧米ほど感染が拡大していない日本において過度な対策は不要で、宣言により国民生活や経済が落ち込む弊害の方が大きいと主張。一方、田中は司会の『爆笑問題』田中裕二からコメントを求められた際、「誰もがきっと(緊急事態宣言が)延長されるだろうと思っていたと思う」「ステイホームとか自粛っていう生活が、もはやしばらくスタンダードになっていくと思う」などと話し、経済面より感染拡大防止が重要だとの認識を示していく。

太田光も堀江氏の意見に同調したが、田中は「何もしなかったらしなかったで、みんな文句言うわけじゃないですか。『政府は何もしてくれない!』って」と主張。緊急事態宣言の発出に理解を示し、堀江氏とは真っ向から対立する形となった。

どちらも一理ある言い分ではあったものの、ネット上には、

《田中みな実ってすごいリアリストだね。現実をよく見ている》
《久しぶりにサンジャポ見たら田中みな実が一番まとも!》
《ホリエモンは、トークの中心が経済のことばかりで緊急事態宣言を否定する発言にはびっくりしました》
《田中みな実さんのツッコミが一番痛快だった》
《ホリエモンと太田光の思考回路がスゴいなあ 田中みな実が正論だわ》
《田中みな実さんてきれいなだけじゃなくなかなか頭のいい女性だな。と》

など、田中への賛同が続出。さすがは元アナウンサーといったところか、視聴者と危機意識を共有していたようだ。

〝メスの特性〟を存分に生かした〝あざといキャラ〟ばかりが目立つ田中だが、〝知的キャラ〟でもイキイキと活躍できる様はさすがだ。

 

【あわせて読みたい】