作家・百田尚樹氏の“作品削除”に辛辣な声…「リツイート稼ぎですか?」

(C)Yaroslau Mikheyeu / Shutterstock 

5月6日、作家の百田尚樹氏がオンライン小説を無料公開。しかし、思った以上に話題にならなかったためか、公開からわずか2日で削除してしまった。ネット上では、同作を巡る百田氏の行動に、さまざまな意見が飛び交っている。

百田氏は2006年に『永遠の0』で小説家デビューを果たし、以降、本屋大賞をはじめとした多くの小説コンクールで受賞をしている実力派。また、SNSなどに投稿する持論が非常に過激なことでも知られている。

今回、百田氏が削除したのは、自身が執筆した意欲作『カエルの楽園2020』。彼はコロナ禍で自粛生活を送る人へエールの意味を込め、睡眠時間を削って書き上げたという。

5月6日に小説投稿サイト『小説家になろう』へ投稿した百田氏だったが、《無料で読めるようにしましたが、思ったほどは読まれなかったようです。あまり私の作品は必要とされていなかったんだなと感じました。というか、私の人気のなさか。まあ、もう使命は終わったようなので、近いうちに削除します》などとつぶやき、同作を削除した。

百田氏の〝小説削除〟に対して、ネット上では、

《思いの外、読む方が想像より下回っていたからって、すぐスネるクセ、やめた方が良いですよ…》
《賛否はあるだろうけど、読まれる前に消すなんてもったいない》
《『なろう』のメイン読者層とズレてるからじゃない?》
《すぐ消すなよ。納得いかなかったから逆ギレしてるのウケる》
《100日を待たずに消える百田の小説》

などの意見が上がっていた。

 

「かまってちゃん?」「関わりたくないタイプ」

しかし百田氏は削除騒動後、ツイッターに《『カエルの楽園2020』を、『小説家になろう』に再投稿しました。もちろん無料公開です》とつづり、期間を設けて同作を再投稿することに。また、《『カエルの楽園2020』の書籍化を望むリプライが多数寄せられているが、リプ送るのはタダやからね。もしこのツイートが、24時間で10000リツイートされたら、書籍化を真剣に考えるわ》とも投稿していた。

小説の再投稿やSNSでの振る舞いに、ネット上では、

《かまってちゃんかな?》
《痛くて扱いに困る。関わりたくないタイプ》
《RT稼ぎですか? 時代遅れってことを認めてください》

などといった批判の声が殺到。しかし一方で、

《百田尚樹はゲロ吐くほど嫌いだけど、『なろう』へぶっ込んだ小説に「改行が少ない」とクソみたいなことを言ってる人がいて、これはこれで同情せざるを得ない》
《友人が「なろうに百田尚樹のなりすましがいる。作品読んだら糞つまんね」と言ってたのだけど。本人と認識されてないのが問題なのでは?》
《百田氏の子どもっぽい言動が好きだ! 明日も頑張れ!》

などの擁護(?)の声も少なくなかった。

何はともあれ、作品よりも言動が注目を浴びてしまっては、作家として本末転倒なのではないだろうか…。

 

【画像】

Yaroslau Mikheyeu / Shutterstock

【あわせて読みたい】