『EXIT』兼近が母親を“メス”呼ばわり暴言で大非難!「この人何なの?」

(C)Artsplav / Shutterstock

お笑いタレント『EXIT』兼近大樹が5月11日、29歳の誕生日を迎え、自身のインスタグラムを更新。母親へ感謝の気持ちをつづるも、ネット上ではその〝類いまれなるワードセンス〟にドン引きの声が殺到している。

兼近は、《誕生日。》という一言とともに、笑顔でバースデーケーキを持った写真をアップ。ハッシュタグでは、《#俺がめでてぇ日じゃねぇ #俺を産んだ女を #褒め称える日》と母思いの一面をあらわにしつつ、《#照美は言ってた #あっ照美って俺をこの世に誕生させしメスね? #幼稚園の頃からなにも変わってないって》と母・照美さんの名前も登場。そんな照美さんとのやり取りとして、《#俺幼稚園の頃どんな子供だった? #と聞き返すと #落ち着きがなくてずっとちんちんいじってる子供だったよ #と返ってきた》と微笑ましい昔話を自ら暴露し、フォロワーの笑いを誘ったのだった。

この投稿に対し、兼近と親交があるYouTube界隈やファンから、祝福するコメントが多く寄せられている。

 

今はもてはやされているけど…

〝チャラ男キャラなのにマジメ〟なところがウケている『EXIT』。キャラ設定に沿っただけかもしれないとはいえ、母を「俺を産んだ女」「俺をこの世に誕生させしメス」と表記したことについて、ネット上では、

《メスだの女だの何なのこの人?》
《芸風とはいえ、いくら何でも…》
《メスとか女とか、ネタのつもりなんだろうけどこの人が言うとただただ育ちの悪さしか感じない… 下品過ぎる》
《母親のことを女やらメスやら言い方があり得ない そういう表現ってチャラ男キャラとは関係ないよね》
《いい年の息子がメスなんて言いだしたら子育て失敗って思う。やっぱり学って大事だな》
《岡村隆史並みの失言する未来はすぐそこだな、この男》
《メス売った金でメシ食ってた日々…》

などと、強い嫌悪感を覚える声が殺到している。

「兼近のツイッターなどには、相方・りんたろー。の検閲が入っており、わざわざ『EXIT』っぽい〝チャラい文〟に直しているという逸話があります。今回の投稿に、りんたろー。が関与しているかは不明ですが、もし関与しているとしたら『EXIT』はコンビどちらも致命的。『ナインティナイン』岡村隆史のように〝一発ドカン〟する可能性は高いといえそうです」(芸能ライター)

今年2月には、自身のファッションブランドの流行を願って「コロナよりはやらせる」と、新型コロナウイルスにかけたボケを放った兼近。何があってもいいように、今のうちに盲目的なファンをたくさん増やしておいた方が良さそうだ。

 

【画像】

Artsplav / Shutterstock

【あわせて読みたい】