テレ東『YOUは何しに』スタッフが外国人にセクハラ!?「虫唾が走った」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月11日の『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)で、同番組ディレクターが一般の外国人女性にインタビューをする一幕が。このシーンがネット上で「不快に感じる」「セクハラじゃない?」と問題視されている。

日本の玄関口ともいえる〝空港〟に張り付き、訪れた外国人に密着取材していく同番組。この日は「クセなりそう! ディープな世界を覗いちゃえSP」と題した企画が放送された。

人々が行き交う中で番組ディレクターが声をかけたのは、メレディスさんというアメリカから来日した女性。大学院に入学する前の最後の休みを使い、40日間の長期滞在をするという。インタビューの中で彼女は「宿泊地は東京の中野なんだけど……穴場スポットを巡れたら楽しいかもね」と明かしていた。

 

“おじさん的”コミュニケーションに批判殺到!

その後、番組ディレクターは「僕、家が中野なんですよ。僕、お姉さんみたいな人を見たら助けずにはいられないんですよ。もしよかったら僕らがご案内しましょうか?」「これホントだけど、中野ってつく駅たくさんあるから間違えないで」と彼女の肩を撫でながら迫る。

まるで飲み屋で繰り広げられているかのようなディレクターの接し方に、視聴者からは、

《好きな番組だったが、キモい対応を見てマジで不快に感じた》
《セクハラDに虫唾が走ったので見るのをやめた、最悪な気分》
《セクハラパワハラに敏感なご時世に、国境越えてセクハラ紛いな密着放送するのめちゃ気分悪い》
《上から目線のあの口調、凄い腹立つ~》
《エスコートとはほど遠い不必要なボディタッチ、よく放送するよ》
《ディレクターの目線がなんかやらしくて下心が見える》
《ボディタッチやたら多いし、しゃべり方も苦手》
《この子が日本語わかってたらドン引きでしょ》

などと不快感を示す声が多く寄せられた。

良い意味でも悪い意味でも、フランクな口調の同番組ディレクター。気さくで話しやすいような印象も受けるが、ハラスメントに対して敏感な昨今には合わない取材スタイルなのかもしれない……。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】