ジャニーズ総出のチャリティーソングに総ツッコミ「手越はダメでしょ!」

手越祐也

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

5月12日、『ジャニーズ事務所』が新型コロナウイルス感染拡大に伴うチャリティーソングを制作するため、所属タレントによる特別ユニット『Twenty★Twenty』(通称「トニトニ」)を結成することを発表した。ところがネット上では、あるタレントの参加に物議を唱える声が続出しているようだ。

同ユニットは『Kinki Kids』や『嵐』など、いわゆる〝デビュー組〟の15組総勢76名からなるもの。同社副社長の滝沢秀明氏がプロデュースし、『Mr.Children』櫻井和寿が書き下ろした楽曲『smile』を歌う。櫻井とジャニーズとのタッグは初。事務所一丸となった斬新な試みに、期待と注目が高まっている。

「ジャニーズは最近、公式YouTubeチャンネルを開設。同チャンネルでは、『Johnny’s Smile Up!Project』として、手洗いソング動画やNHKの番組『クローズアップ現代+』とコラボした動画など、〝社会貢献〟〝社会啓蒙〟を目的とした動画が目立ちます。また、一部報道では、同事務所が提供した医療物資総額は3億6000万円に上るとも。こういった取り組みは、『これからのアイドルは、キラキラしているだけではいけない』と考えている滝沢氏のかじ取りによるものでしょう」(芸能ライター)

そんなクリーンなイメージ作りを邪魔するのが、『NEWS』手越祐也だ。

 

「プロジェクトの目的に合わない」

手越といえば、3月下旬に安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が開いた花見会に出席していたことが明らかに。さらに先ごろ発売の『週刊文春』5月21日号では、ステイホーム週間であったゴールデンウイークのさなかに、飲み屋にてお気に入りの女性、通称〝手越ガールズ〟を集めて〝キャバクラ手越〟を開催するヤンチャぶりが報じられている。

「所属タレントの未成年飲酒やベッド写真などの不祥事に際し、『所属タレントとしてふさわしくない行動である』と謹慎処分を下す同事務所。言わずもがな、手越の行為は事務所の方針と相反しています。しかし、今回の特別ユニットには、手越を擁する『NEWS』の参加も決定。当然、一部のジャニーズファンからは反発する声が上がっています」(同・ライター)

実際に、ネット上では、

《トニトニに手越はアウトでは? プロジェクトの目的に合わない》
《トニトニに手越いたらやばくない? 事務所全体で外出自粛を呼び掛けてるのに、このチャリティー参加したら説得力なさ過ぎるwww》
《トニトニ出る権利はないと思います^_^》
《手越は出ちゃダメでしょwww》
《やらかしてんなwww そんなんでトニトニ入んの? 恥ずかしくないのか? 恥ずかしくないよな、だって手越だもん》
《ステイホームできない奴がメンバーなの? 密にしないって、まずは手越に言うべきじゃないの?》

などと、厳しい指摘が続出している。

ついに手越に対して、滝沢副社長の怒りの鉄槌が下るかもしれない。

 

【あわせて読みたい】