マツコ・デラックス芸能界引退!? コロナ禍でテレビ業界に見切りか…

マツコ・デラックス 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

今や押しも押されもせぬ国民的人気タレントとなったマツコ・デラックスに、〝芸能界引退〟の怪情報が飛び交っている。

「彼女は以前から将来的な引退プランを口にしており、もとから〝生涯芸能界〟で生きていくつもりはありません。しかし、ここ最近は前にも増して弱気な発言が目立っていて、これまでとは〝本気度〟が違うようなんです」(芸能ライター)

その片鱗は、5月11日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも見られた。緊急事態宣言により放送を中止していた番組にとって、同日は再開後初となる月曜日の放送。月曜コメンテーターのマツコは音声のみで電話出演し、MCのふかわりょうからはステイホームの過ごし方についての質問が飛んだ。

マツコは「のんびりやっていますよ」としながらも、「普段からどんないいかげんな仕事してたんだろうと思って」「(世間の)みなさんは大変な思いをされているけども、この業界はあってもなくても一緒だってことが分かりましたよ」とポツリ。芸能界全体、ひいては自分自身の存在意義を自ら否定するようなコメントを残し、珍しく弱音を吐く形となった。

 

無力感、精神疲労…意外とメンタルが弱かった?

「本来であれば、このような有事において、テレビは娯楽を提供して国民の心を解きほぐすという精神的に重要な役割を秘めています。しかし、収録が行えない現在はその役割すら果たせていませんから、最前線で重要な役割を果たす医療従事者や食品・小売・運送業の従事者と比べた無力さに打ちひしがれてしまったのでしょう」(芸能事務所関係者)

また、これまで積み重っていた不満が〝コロナ〟をきっかけに爆発してしまったのではとも…。

「マツコはブレークした2010年ごろから、『マツコの部屋』(フジテレビ系)や著書等で『こんなにテレビに迎合するつもりはなかった』『テレビに魂を売った』などと葛藤を口にしていました。こうした思いがコロナ禍での無力感で爆発したのかもしれません。一方で、『NHKから国民を守る党』の立花孝志代表が設立した『マツコ・デラックス被害者の会』とのトラブルによる精神疲労も大きいでしょう。昨年からもめていて現在は法廷闘争の真っ最中ですし、代理人とのやり取りや訴状の送付等でも神経はすり減りますからね」(芸能ジャーナリスト)

確かに、エンターテインメント等の娯楽産業は〝余暇〟という字の通り、基本的な生活があった上で成立する産業。突き詰めれば〝不要不急〟の代表格ではあるものの、マツコに勇気付けられている医療従事者も多いはず。弱音を吐かず、これからもガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】