加藤一二三“味覚障害”疑惑に心配の声殺到「病院で診てもらって!」

加藤一二三 

(C)まいじつ 

将棋界の重鎮〝ひふみん〟こと加藤一二三九段が5月12日、自身のツイッターを更新。味覚障害が疑わしい投稿に、ネット上では「コロナ感染してんのか?」「病院で診てもらって」などと〝ガチ〟で心配をする声が上がっている。

当時、ツイッター内では「#砂糖だと思っていたら塩だった系勘違い」というハッシュタグがトレンド入り。一般ユーザーからは、「美輪明宏さんだと思っていたら美川憲一さんだった」「背中だと思ったら胸だった」などと、思わず〝あるある〟とうなずいてしまうような勘違いが投稿されていた。

そんな中、加藤は、《何とおいしいキャラメルが存在するものかと感嘆しながら、いざ食し始めると止まらなくなり、6個~8個ほどを味わい尽くしたところで、ふと包装紙を確認すると、カレーライスの固形ルーだった件。。。》などと、カレーのルーをキャラメルだと思って食べていたという衝撃のエピソードを投稿。あまりのドジっ子っぷりに、15日現在リツイートは2万を超え、7万を超える「いいね!」が集まっている。

 

「おいしさを感じているので(コロナは)セーフ」

しかしこのエピソードは、笑うというよりも心配の方が勝ってしまったようで、ネット上では、

《ヤバ過ぎだろ。コロナ感染してんのか??って疑われるレベル》
《味覚狂ってる 嘘松であってほしい珍しい事件》
《小梅大夫かよ》
《コロナよりもボケの方だろ…》
《おいしさを感じているので(コロナは)セーフ》

などといったツッコミを入れる声から、

《その後お身体は大丈夫でしたか?》
《カレー粉ってスパイス効いてるから分かりそうなものだけど… コロナうんぬんの前に病院で診てもらった方がいいのでは?》
《塩分過多が心配です が、今お元気なのですから、大丈夫だったってことですよね?》

など、身体を気遣う声が殺到してしまった。

「もはやホラーの類いである同エピソード。ネット民からは、『固形ルーといっても、コンソメのような小粒のものだったのか…?』『キャラメルはキャラメルでも、〝塩キャラメル〟と間違えたのだろうか…?』など、さまざまな憶測がされています」(ネットメディア編集者)

ちなみに、ルーの《お味は中辛でした》とのこと。もはや何が何だか分からない…。

 

【あわせて読みたい】