長州小力、HG、ヒロシ、波田陽区…“最高月収”が一番高い芸人は!?

ヒロシ 

(C)まいじつ 

5月10日にお笑いコンビ『かまいたち』が自身のYouTubeチャンネルで生配信を行い、山内健司が最高月収を明かした。

山内は、「去年の6月が多分、最高月収」「いつもこんなにもらってないんですよ」と丁寧に前置きした上で、460万円と告白。これには相方の濱家隆一も「僕とはもう違うんやなあ」と漏らし、ネット上でも驚きの声が飛び交っていた。

「かまいたちは『キングオブコント』のチャンピオンで、『M-1グランプリ』常連、さらにフリートークもこなせますし、実力は申し分ないですが、露出はそれほど派手ではない。大ブレーク一歩手前という印象だけに、既に月収がそこまで到達しているのは、お笑いファンからもどよめきが起きるようです」(芸能記者)

しかし、成功したときの見返りが大きい芸能界。最高月収が〝山内超え〟したという芸人たちも少なくないようだ。

まずは、「冷やし中華はじめました」の歌ネタで大ブレークしたAMEMIYA。今年1月放送の『中居くん決めて!』(TBS系)に出演し、最高月収が900万円だと明かした。通常の仕事に加えて、音源の印税も入ったためこの額になったという。

 

“一発”当てればとんでもない額!?

印税といえば、「あったかいんだからぁ」のフレーズで大ブレークしたお笑いコンビ『クマムシ』の最高月収も凄まじい。昨年7月放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演し、大ブレークした15年に『ミュージックステーション』(同系)にまで出演したころを振り返ると、そのまま月収も告白。当時、最高で800万円の月収を手に入れたようだ。しかも、作曲をした長谷川俊輔だけが印税をもらっていたのではなく、相方と印税を折半した上でその額だったというから驚きだ。

しかし、彼らより前に大ブレークした〝一発屋〟はこんなものではない。15年5月放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にゲスト出演した波田陽区、長州小力、レイザーラモンHGがそれぞれ最高月収を告白。HGは1200万円、小力は2000万円、波田陽区は2800万円だという。

そして、彼らよりもさらに上なのが、ピン芸人のヒロシ。15年6月放送の『しくじり先生3時間!!SP』で、最高月収が4000万円だと明かしている。

芸能界は何とも夢のある世界だ。

 

【あわせて読みたい】