浜辺美波は“カルト顔”!? 最新CMのコワ過ぎる目つきが業界で話題に…

浜辺美波

(C)まいじつ

若手女優・浜辺美波の人気が、いまひとつ盛り上がらない。現在出演中の農業協同組合のCMも、不評の声がこだましているようだ。

「ほぼ同年代の広瀬すずや橋本環奈が〝すず・かん〟と呼ばれて圧倒的な存在感を見せていますが、浜辺はそうならない。最近のアイドル批評では、浜辺は騒ぐほどの美女ではないという見方も出ているほど。意外と万人ウケしないのかもしれません」(女性誌記者)

美人には違いないが、なぜ彼女がウケないのだろうか。

「〝女性が憧れる顔〟ではないからかもしれません。例えば『乃木坂46』の白石麻衣は、美容クリニック調査の『整形でなりたい顔ランキング』で1位になったことがあります。浜辺の顔は、何となく憧れオーラが弱い気がします」(同・記者)

 

『まりもっこり』のような目!?

浜辺は男性週刊誌からも思いの外、引きがないようだ。

「浜辺からは〝オタ臭〟がするといいます。ネットオタ、漫画オタ、ロリオタが好みそうなキャラ。Aカップ美微乳で有名で、そっちのマニアには人気がありますが、彼女をグラビアや記事で扱ってもそんなに反響がありません。以前〝陰キャラ〟と呼ばれましたが、北海道のマスコットキャラクター『まりもっこり』のような目が怪しい。不思議ちゃんではなく、不気味ちゃんのジャンルなのでは?」(アイドル雑誌ライター)

今、彼女は農協のCMに、有村架純と姉妹という設定で共演中。CMの内容は、カフェで妹のみなみ(浜辺)が、偶然にも大学のサークルの先輩とバッタリ会う。話し込んでいると、そこに姉のかすみ(有村)が出現。かすみが待ち合わせをしていたのは先輩で、かすみの部下だったという意外な事実をみなみが知る、という内容だ。

「CMの最後に浜辺が『おねえちゃ~ん』と2人の関係をニヤニヤしながら一言発するのですが、その目がちょっと怖い。顔は笑っているのに目が座っているような目つき。彼女の演技は、いつもこうです。目つきに妖気が漂っています」(同・ライター)

会見でも目が泳いでいることが多く、視点が定まっていないので、最近では〝カルト顔〟と呼ばれ始めているという浜辺。もう一歩ブレークするためには、自然な笑顔の〝練習〟をした方がいいのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】