山田孝之の“沖縄旅行”に非難殺到! イメージ急落で好感度は地の底に

山田孝之 

(C)まいじつ 

俳優の山田孝之と新田真剣佑が沖縄旅行していたと『文春オンライン』が報道。コロナ禍の旅行に非難の声が続出している。

記事によると山田は、懇意にしているファッションブランドの社長とその友人たち数人で、5月2週目から沖縄・読谷村内にあるヴィラに滞在。山田の家族は一軒家に宿泊し、新田は連れの女性と離れで2人きりで過ごしたという。

沖縄は、玉城デニー知事がGW突入前の4月27日に自身のツイッターを更新し、《残念ですが沖縄は非常事態宣言の体制で十分なおもてなしは到底できません。離島を含め医療体制も非常事態です。どうか今の沖縄への旅はキャンセルして受け入れ可能な時期までお待ち下さい。Stay home weekして下さい》と呼び掛け。現在も自粛の真っ最中だ。

 

4月にも非難されたばかりだったのに…

そのため、知事の要望を一切無視した山田らの行動に、非難の声が殺到している。

《山田孝之好きだったけど、今回ばかりは失望した。美ら海クルーズとかふざけんな!》
《国民全員が我慢してるのに、なんだかなぁ。本当にがっかり》
《人気あるのに何で軽率な行動取るんだろ。もうファンやめるわ》
《パトロンと女連れてどんちゃん騒ぎかな。こいつもバカ芸能人の1人だったというわけか。好きな俳優だっただけに残念》

「山田一行9人は社長の友人が所有するというクルーザーで美ら海をシュノーケリングするなど、バカンスを満喫していたようですね。山田は4月上旬にも友人たちと夜の銀座をくわえタバコで闊歩する姿を写真週刊誌にスクープされ、大きな批判を浴びました。今回、それにも懲りずにわざわざ沖縄県にまで出向いて遊んでいたのですから、呆れるしかありません。個性派俳優として若者を中心に圧倒的な支持を得ていた山田ですが、一部のファンからは失望の声とともに、ファン卒業を明言する人も出ています」(スポーツ紙記者)

山田に対しては、事務所関係者や俳優仲間たちの間でも、うかつに注意やアドバイスができない空気が流れているという。さまざまな役どころを器用にこなすことから〝カメレオン俳優〟と持てはやされてきた山田。いつの間にか〝お山の大将〟になってしまい、事の善悪の区別がつかなくなっていたようだ。

彼を応援していたファンはさぞかし裏切られた気分だろう。

 

【あわせて読みたい】