りんごちゃん“賞味期限”に危機感!? スーツ姿披露も業界評価は…

りんごちゃん 

(C)まいじつ 

お笑いタレントのりんごちゃんが5月19日、自身のインスタグラムを更新。同日放送された『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)で披露したダンディーなスーツ姿を公開した。

普段は〝ゆるふわ系〟ファッションが中心のりんごちゃんだが、3枚アップされた写真のうち、2枚は意外なスーツ姿。いつもと違う〝男前〟な姿にファンも驚きを隠せなかったようだ。

〝彼女〟が公開した写真に、ネット上では、

《一瞬誰だか分からなかった。こうやって見るとマジで男だな》
《クロちゃんに見えるんだけど》
《ヒゲとサングラスが意外と似合う! この格好で歩いてたらりんごちゃんって絶対にバレないだろうね》
《めっちゃかっこいい! こうやって見るとやっぱり男を感じる》

など、大反響を呼んでいる。

 

マンネリ化を指摘する声も多い…

「この日の放送では〝ゆるふわ〟のルックスを封印し、『EXILE』のATSUSHIに変身して『Lovers again』を熱唱。その後、美空ひばりや大友康平、武田鉄矢などの持ちネタで視聴者を沸かせました。今回、りんごちゃんが男装で登場したのは、マンネリ化に対する危機感の表れでしょう。話題になった当初はルックスと声のギャップが大ウケしましたが、やっていることはどこかで一度は見たことのあるモノマネばかり。最近ではりんごちゃんがテレビに出演すると、SNS上で『もう飽きた』『ネタがワンパターン』など、厳しい声が殺到するようになっています」(芸能ライター)

このままの芸風では、確かにテレビで活躍し続けるのは難しいようにも思えるが…。

「今のままでは賞味期限が近いでしょうね。もっとも、地方に営業に行けば、いまだ大勢の人だかりができるほど大人気です。もともと地方営業で人気に火がついたこともあり、原点回帰すればテレビ出演するよりも稼げるハズですよ」(同・ライター)

実はモノマネのレパートリーが500以上あるというりんごちゃん。しかし、そのほとんどは若者が知らないマイナーなものばかり。今後の課題は、若者ウケするモノマネなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】