東出昌大“騒動後”初のドラマ出演に意外な声「でっくん楽しみ!」

東出昌大 

(C)まいじつ 

俳優の東出昌大が、来る6月6日に放送されるドラマ『スパイの妻』(NHK BS8K)へ出演することが分かった。

同ドラマは、女優の蒼井優を主演に迎え、映画監督の黒沢清が高精細8K撮影に挑む話題作。東出は蒼井演じる主人公・福原聡子の幼なじみで、憲兵隊長・津森泰治を演じる。

「東出のドラマ出演は、今年1月期の『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』(テレビ朝日系)以来で、不倫騒動後では初となります。一時期の彼は、このまま芸能界を引退するのではないかといわれていました。しかし東出は過去に、黒沢監督の映画『クリーピー偽りの隣人』、『散歩する侵略者』、『予兆~散歩する侵略者』に出演。状況を見かねた黒沢監督が救いの手を差し伸べたようですね」(映画ライター)

 

それでもやっぱり不満の声が続出中!

もはや東出のファンなど存在するのかと思われたが、ネット上では、待ちに待ったドラマ復帰を喜ぶ声も見受けられる。

《久しぶりのドラマ出演やったね。BSだから話題にならないかもしれないけど、逆にその方がいいかも》
《でっくんがまた見られるなんて最高!》
《え、ドラマ出るんだ! 予想していなかったからすごく楽しみ》

しかし、やはり東出に対して拒否反応を示す人の方が圧倒的に多いようだ。

《不倫騒動からまだいくらもたってないだろ。お前が今できることは杏に謝ることだけ》
《わざとかってくらい棒演技なのに、何でオファーが来るのか分からん》
《彼が演技力抜群な名俳優なら早期復帰させたい気持ちは分かる。でもあの棒演技じゃねぇ…》
《特別演技がうまいわけでもないしな。シレっと復活とかあり得ない》
《不倫どうこう以前に、棒演技だから起用しないでほしい》

東出と杏は現在、離婚協議中だという。まだまだ視聴者が東出を迎え入れるには時間がかかりそうだ。

 

【あわせて読みたい】