広瀬すずの“好きな漫画”に大興奮!「エロじゃん」「ゾクゾクすんな…」

広瀬すず 

(C)まいじつ 

5月24日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)は、女優・広瀬すずの未公開シーンを含む過去のトークを振り返る内容だった。当時16歳の広瀬が明かした漫画の趣味に「エロいやつ」「16歳とは思えない」などと驚く視聴者が続出した。

広瀬は16~21歳の間、同番組に4回出演している。MCの『くりぃむしちゅー』上田晋也は「スターダムにのし上がっていく人。別格のオーラ」と初出演時の印象を振り返った。

初登場の回では、広瀬が自宅を紹介。彼女は「少女漫画が好きなんですけど…」と紹介しながら本棚にカメラを向け、「一番好きなのは『惡の華』という漫画です」と、漫画の表紙を見せた。カラフルな表紙は同漫画の最終巻にあたる11巻と思われる。

 

「ド変態が!」パンツ下ろすシーンも

同漫画は2019年に伊藤健太郎の主演で映画化された人気漫画。中学生男子・春日(伊藤)が女子の体操着を盗んだことを仲村(玉城ティナ)に知られてしまい、仲村と主従関係の契約を結ぶというストーリーだ。作中では仲村が春日を押し倒し、「ド変態が!」と叫びながらズボン、パンツを脱がすなど過激なシーンもある。

思春期の鬱屈を描いた「惡の華」は、幅広い世代に人気なのだが、ネット上では

《広瀬すずちゃん、少女漫画が好きという前フリで『惡の華』が好きだと言いおった。強い》
《広瀬すずの好きな漫画が惡の華ってゾクゾクすんな…「クソムシが」とか言われてぇ…》
《広瀬すず惡の華をオススメするってまじ?》
《当時16歳で読むには難しいと思うんだけどめちゃくそ変わり者だなーwwwさすがAB型》
《広瀬すずが「少女漫画好きなんですよ」とか言いながら惡の華見せてて草》
《広瀬すず「惡の華」おすすめしてたんだ エロじゃん》

といった声があがっている。

姉のアリスは漫画・アニメオタクで有名だが、妹・すずも影響を受けているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】