ダレノガレ明美“アベノマスクチャレンジ”に辛辣な声「もう飽きた」

ダレノガレ明美 

(C)まいじつ 

タレントのダレノガレ明美が、5月24日に自身のインスタグラムを更新。〝アベノマスク〟を着用した自撮りショットをアップし、《本日、ポストに入ってました いただいたらしっかり感謝しないとね すごくしっかりしたマスクでした 洗えば繰り返し使えるし!! 明日から使います! たくさんの方に感謝です! ありがとうございます #アベノマスク #感謝》などとつづった。

ダレノガレが公開した1枚に、ネット上では、

《やっぱり顔ちっさいなー。ほとんど隠れちゃってるじゃん》
《顔が小さいから目元まで隠れちゃうね。すごっ!》
《ダレちゃんが付けると、どんなマスクでも大きく見えちゃうんだろうな》
《マジ、どんなレベルの顔の小ささだよ! ビビったわ》

など、驚きの声が上がった。

 

やはり上がった「自慢したいだけ?」の声

しかし一方で、これまで多くの芸能人がアベノマスクを着用して〝小顔自慢〟をしていることから、ダレノガレにもツッコミが殺到している。

《マスクに感謝とか言ってるけど、自分の小顔を自慢したいだけでは?》
《マスクが届いたからって、いちいち報告する必要ある?》
《小顔アピールの自撮り。多くのタレントがこぞって投稿しているけど、さすがにもう飽きた》
《ドラマで共演者と並んでいたシーン見たけど、ダレノガレってそんなに小顔じゃないぞ。嘘くせぇ…》

「ダレノガレには、画像の修正加工疑惑がたびたび浮上しています。例えば、おのののかとダレノガレが同じ日に撮った同じ構図の画像をそれぞれがアップしたのですが、ダレノガレの写真だけ自身が小顔に写っており、また、おのの頬がぷっくりとしていたのです。さらに脚長加工疑惑も浮上中。とある写真は、脚を伸ばしたためか、持っていたバッグの持ち手も不自然に伸びていました。今回の写真に疑惑の声が上がるものしょうがない気がしますね」(ネットメディア編集者)

ダレノガレは昨年12月に母親とのツーショットを披露した際、「顔が小さい!」という書き込みに対し、「母親を前に出して取りました」と、小顔テクを駆使したことを〝説明〟していた。果たして、今回のアベノマスクショットは、一体どのように撮ったのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】