熊田曜子にモラハラ!? 自粛生活で夫と衝突「いくら何でもヒドい!」

熊田曜子 

(C)まいじつ 

5月22放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に、タレントの熊田曜子が出演。家庭内での不満を明かし、ネット上からは心配の声が相次いでいる。

番組内で〝自粛生活…家庭内ガッカリさん〟というテーマのもと討論していたときのこと。新型コロナウイルスによる自粛生活が続いているため、熊田は煮込みなど時間と手間のかかる料理を夫に振る舞ったと明かした。しかし夫は「オレは刺身とかサラダとか、切っただけのものが好き」と食べるのを拒否したという。

熊田は「全然手をつけてくれなくて。おいしいから食べてって言っても『切った方が好き』と結局、食べてくれなかった。ショックです」と落ち込み、それならば事前に食べたいものを教えてほしいと訴えていた。

「熊田は以前も、夫が手料理を食べてくれないという悩みを明かしていました。昨年6月12日にはインスタグラムにて、『朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ』と、夕食の写真にバツ印を付けたものを投稿。さらに同月28日に『ノンストップ!』へ出演し、そのようなことは日常茶飯事だと補足しています。また夫は、夕食を食べないのに、カップラーメンを食べることもあるそうです」(芸能記者)

 

「本当に愛されてるのかな…」

当時、大きな物議を醸した熊田の訴えだが、相変わらずの状況が続いているようで、ネット上では、

《切っただけでいいなら楽で良いじゃん。とも思ったけど時間かけて一生懸命作ったのにいらないと言われたら腹立ちますね》
《マズイならそう言えばいいし、一口くらい食べてくれてもいいのになって思う。一生懸命作って毎回これだとやっぱり傷つくよね》
《旦那さん いくら何でもヒドいと思う。アレルギーとかよっぽど苦手な食材じゃなければ、奥さんが一生懸命作ったものは食べるべきだと思う》
《本当に愛されてるのかな… 好き嫌いの問題でもなさそう。ネタにしてないで、しっかりと旦那さんと向き合った方がいい》

などと、心配の声が続出している。また一方で、

《うちの夫も似たタイプなので熊田さんの気持ちがよく分かります》
《単に嗜好の問題だろうと思います。父もそんな感じでした。そういう嗜好なのだと諦めた方がいいですよ》
《うちも同じ感じです。手をつけないことはないけれど、ほぼ素材そのまま…みたいなメニューを好みます》

など、熊田の夫と同様の人が身近にいるという声も多く上がっている。

料理を食べてくれないのは確かに悲しいが、熊田は12年に結婚して、既に8年以上も今の夫と同居している。いまだにパートナーの好みが分からないのも不思議な話だ。

 

【あわせて読みたい】