青木さやか“激太り”で視聴者騒然「誰だか分らなかった」「顔パンパン」

(C)pathdoc / Shutterstock 

5月25日に放送された『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に、お笑いタレントの青木さやかがVTR出演。変わり果てた彼女の〝風貌〟に、ネット上では驚きの声が続出している。

この番組は、身の回りで起こった〝スカッ〟とする話をドラマ仕立てで届ける痛快ドラマバラエティー。今回の放送では「スーパーにいた! 迷惑客2連発」のショートドラマに青木が登場し、スーパーでナマモノのトレイを捨てて帰る〝迷惑なクレーマーおばさん〟という役を演じていた。

 

役柄がぴったり……?

そんなクレーマー役を演じていた青木だったが、視聴者は番組の内容よりも青木の姿が気になってしまったようだ。青木が人気絶頂だった頃のスレンダーかつグラマラスな容姿とは打って変わって、顔や体が〝ムチムチ〟としただけでなく、首元には〝シワ〟もよっていた。

一目見ただけでも分かる変貌っぷりに、ネット上では、

《青木さやか、しばらく見ない間に太ったな》
《一瞬誰だか分らなかったわ。体と顔パンパンやないか……》
《青木さやか激太りしてね?www》
《サイズ大きくなりすぎ。成長期かよ》

などと彼女の体型に注目した視聴者が多かった。

「青木が〝太った〟と騒がれたのは、今回が初めてではありません。今年1月期に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の第3話に〝入院中の夫を見舞う献身的な妻役〟としてゲスト出演した際も、彼女はネット上をザワつかせていました。青木の演技を絶賛する声も多く上がっていたのですが、風貌に関しては《ドラマにきゅんきゅんしつつ、青木さやかの太りっぷりに衝撃を受けた》《青木さやか久しぶりにみたけど太ったよな? でもいいと思う、普通のおばさんみたいな感じで》などの反響も少なくありませんでした」(芸能ライター)

昔は強気な発言でバラエティーに引っ張りだこだった青木だが、ここ最近は話題になることはほとんどなくなってしまった。しかし、ここまで体型に関する声が続出しているならば、今こそ持ちネタの〝どこ見てんのよ!〟を使うべきではないだろうか。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】