『アメトーーク!』宮迫博之の声までカット!?「スゴイ技術」「ホラーだ」

宮迫博之 

(C)まいじつ 

5月26日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)スペシャルでは、3時間にわたり総集編を放送。複数の放送回をまとめて流したものの、MC席にいる『雨上がり決死隊』宮迫博之の姿は肩以外いっさい映らなかった。その編集技術の高さに、「声までカットしているのでは?」との推測の声が続出した。

この日番組では『運動神経悪い芸人大賞』を放送。運動が苦手な芸人を集め、野球、卓球、サッカーの各種目で技術を問う企画をまとめた。

 

肩しか映らずワイプもカット?

サッカーでは、『ザブングル』の松尾陽介が登場。ヘディングシュートを打とうとしたものの頭頂部にボールを打って転び、ドリブルシュートに挑む場面ではボールに追い付けず転倒して笑いを誘っていた。また水泳、ラグビーで松尾は「部門賞」を獲得。スタジオではMCの蛍原徹が松尾にテレビ通話を繋いでやりとりしていた。

松尾といえば、宮迫と同じく闇営業騒動で一時謹慎を余儀なくされていたが、出演シーンはカットされることなく放送。一方で蛍原の隣にいたはずの宮迫は終始肩しか映らず、当時はあったはずの宮迫のワイプ映像もカットされている。

視聴者は制作サイドの編集技術に驚きながら、総集編でもカットしたことに違和感を抱いた様子。一部からは「声まで消えているのではないか」との指摘も寄せられた。

《宮迫の声聞こえない…編集すごいな》
《声消すの大変やったろうな。お疲れ様です》
《これワイプの昔の映像と声、宮迫のは消してんだよねきっと》
《宮迫の声が全く聞こえないように編集されてるよね…なんかホラーだ… 》
《ワイプまでカットするのほんと大変だろうなあ…スタッフさんほんとにすごすぎる…》
《名場面集的なのやってるけど、宮迫さん、司会もワイプも含めて全部カットされてる…そういうものなのかね。過去の作品も》
《宮迫さんの映ってるとこや声など全てカットされてますよね…アメトークは雨上がり決死隊の2人がいてこそだと思います…》

声まで消すのは技術上、可能なのだろうか。

 

【あわせて読みたい】